スポンサードリンク

2017年06月12日

宅建士試験過去問 権利関係 債権者代位権 2−22 平成22年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


民法第423条第1項は、「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。」と定めている。これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、債務者が既に自ら権利を行使している時でも、債権者は、自己の債権を保全するため、民法第423条に基づく、債権者代位権を行使することができる場合がある。
2、未登記建物の買主は、売主に対する建物の移転登記請求権を保全するため、売主に代位して、当該建物の所有権保存登記手続きを行うことができる場合がある。
3、建物の賃借人は、賃貸人(建物所有者)に対し使用収益を求める債権を保全するため、賃貸人に代位して、当該建物の不法占有者に対して、当該建物を直接、自己に明渡すよう請求できる場合がある。
4、抵当権者は、抵当不動産の所有者に対し、当該不動産を適切に維持又は保存することを求める請求権を保全するため、その所有者の妨害排除請求権を代位行使して、当該不動産の不法占有者に対しその不動産を直接自己に明渡すよう請求できる場合がある。



胡桃「これは簡単だわね?」
建太郎「宅建のテキストに載っている判例そのままの出題だよな」
胡桃「とりあえず、債権者代位権の基本から、見ていくわよ」


続きを読む

2017年06月08日

「がんばる」、「努力」、「忍耐」するのは、一番だめな勉強方法

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

「がんばる」、「努力」、「忍耐」

というと、学校の学級目標なんかに掲げられていそうな言葉ですよね。

たしかに、勉強に際しては、そうした考え方も大切といえるかもしれません。

ところが、受験勉強に際して、「がんばる」、「努力」、「忍耐」という考えで向かっていくのは実は望ましいことではありません。

「がんばる」、「努力」、「忍耐」という言葉の裏には、「いやなことだけど耐えよう。」という気持ちがこめられています。

勉強はいやなことだけど、やるしかない。だから「がんばる」、「努力」、「忍耐」というのでは、なかなか、勉強も長続きしませんし、成績も伸びません。



では、どういう考えがいいのかというと、「楽しむ」「ゲームだと思ってやる」という考え方です。

資格試験は、「がんばる」、「努力」、「忍耐」するものではなくて、「楽しむもの」「ゲームだと思ってやる」と勉強もしやすくなりますし、成績も伸びます。

ある東大合格者は、受験勉強をゲーム感覚で乗り越えたと言っていましたが、成績が伸びる人ほど、ゲーム的な発想で勉強していることが多いようです。

もちろん、目の前の勉強を今すぐゲームだと思い込むのは難しいと思いますが、少しずつ、問題が解けるようになってくると、そのうち、勉強が面白くなってくる瞬間があります。

そのときの気持ちを持ち続けたまま、勉強を続けていければ、勉強が苦痛ではなくなっていくものです。
posted by 大滝七夕 at 23:15| 資格試験のヒント

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2−21 平成22年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



両当事者が損害の賠償につき、特段の合意をしていない場合において、債務の不履行によって生じる損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。

1、債権者は債務の不履行によって通常生ずべき損害のうち、契約締結当時、両当事者がその損害発生を予見していたものに限り、損害賠償請求できる。
2、債権者は、特別の事情によって生じた損害のうち、契約締結当時、両当事者がその事情を予見していたものに限り、賠償請求できる。
3、債務者の責めの帰すべき債務の履行不能によって生じる損害賠償請求権の消滅時効は、本来の債務の履行を請求しうる時から、その進行を開始する。
4、債務の不履行に関して、債権者に過失があった時でも、債務者から過失相殺する旨の主張がなければ、裁判所は、損害賠償の責任及びその額を定めるにあたり、債権者の過失を考慮することはできない。



建太郎「むむっ……。単純な問題のようで、意外に難しい問題だよな」
胡桃「そうかしら?条文と基本的な判例の知識を問う問題にすぎないわよ。まず、1から見ていくわ」

続きを読む
スポンサードリンク