スポンサードリンク

2018年05月07日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 報酬額の制限 2-49 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者A及び宅地建物取引業者B(共に消費税課税業者)が受け取る報酬に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、Aが居住用建物の貸借の媒介をするにあたり、依頼者からの依頼に基づくことなく、広告をした場合でも、その広告が貸借の契約の成立に寄与したとき、Aは報酬とは別に、その広告料金に相当する額を請求することができる。
2、Aは、売主から代理の依頼を受け、Bは買主から媒介の依頼を受けて、代金4000万円の宅地の売買契約を成立させた場合、Aは、売主から2,721,600円、Bは、買主から1,360,800円の報酬をそれぞれ受け取ることができる。
3、Aは貸主から、Bは借主から、それぞれ媒介の依頼を受けて、共同して居住用建物の賃貸借契約を成立させた場合、貸主及び借主の承諾を得ていれば、Aは借主からBは借主からそれぞれ、借賃の1.08か月分の報酬を受けることができる。


愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」



続きを読む

2018年05月02日

民法1−61 債権各論 2007年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


次の文章の【   】に当てはまる語句を埋めよ。

@甲組は,その威力をその暴力団員に利用させ,又はその威力をその暴力団員が利用することを容認することを実質上の目的とし,下部組織の構成員に対しても,甲組の名称,代紋を使用するなど,その威力を利用して資金獲得活動をすることを容認していたこと,
A上告人は,甲組の1次組織の構成員から,また,甲組の2次組織以下の組長は,それぞれその所属組員から,毎月上納金を受け取り,上記資金獲得活動による収益が上告人に取り込まれる体制が採られていたこと,
B上告人は,ピラミッド型の階層的組織を形成する甲組の頂点に立ち,構成員を擬制的血縁関係に基づく服従統制下に置き,上告人の意向が末端組織の構成員に至るまで伝達徹底される体制が採られていたことが明らかである。

以上の諸点に照らすと,上告人は,甲組の下部組織の構成員を,その直接間接の【 1 】の下,甲組の威力を利用しての資金獲得活動に係る事業に従事させていたということができるから,上告人と甲組の下部組織の構成員との間には,同事業につき,民法715条1項所定の【 2 】と【 3 】の関係が成立していたと解するのが相当である。

また,上記の諸点及び@暴力団にとって,縄張や威力,威信の維持は,その資金獲得活動に不可欠のものであるから,他の暴力団との間に緊張対立が生じたときには,これに対する組織的対応として暴力行為を伴った対立抗争が生ずることが不可避であること,
A甲組においては,下部組織を含む甲組の構成員全体を対象とする慶弔規定を設け,他の暴力団との対立抗争に参加して服役した者のうち功績のあった者を表彰するなど,その資金獲得活動に伴い発生する対立抗争における暴力行為を賞揚していたことに照らすと,甲組の下部組織における対立抗争においてその構成員がした殺傷行為は,甲組の威力を利用しての資金獲得活動に係る【 4 】と密接に関連する行為というべきであり,甲組の下部組織の構成員がした殺傷行為について,上告人は,民法715条1項による【 5 】を負うものと解するのが相当である。(最判平成16年11月12日)

胡桃「さあ、どうかしら?」
建太郎「有名な判例なんなんだよな」
胡桃「もちろん有名だわ」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 報酬額の制限 2-48 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

宅地建物取引業者A社(消費税課税業者)は、売主Bから土地付き中古別荘の売却の代理の依頼を受け、宅地建物取引業者C社(消費税課税業者)は、買主Dから、別荘用物件の購入に係る媒介の依頼を受け、BとDの間で、当該土地付き中古別荘の売買契約を成立させた。
この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはいくつあるか。
なお、当該土地付き中古別荘の売買代金は、3,160,000円(うち、土地代金は100万円)で、消費税額及び地方消費税額を含むものとする。

1、A社がBから受領する報酬の額によっては、C社はDから報酬を受領できないことがある。
2、A社はBから、少なくとも151,200円を上限とする報酬を受領することができる。
3、A社がBから100,000円の報酬を受領した場合、C社がDから受領できる報酬の上限額は、202,400円である。
4、A社は、代理報酬の他に、Bからの依頼の有無にかかわらず、通常の広告の料金に相当する額についても、Bから受け取ることができる。



愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「ちょっと待て……。まず計算だ……」


続きを読む
スポンサードリンク