2018年05月22日

民法1−63 債権各論 2012年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。





不法行為に基づく損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らした正しいものはどれか。




1、Aの運転する自動車がAの前方不注意により、Bの運転する自動車と衝突して、Bの自動車の助手席に乗っていたBの妻Cを負傷させ損害を生じさせた。CがAに対して損害賠償請求する場合は、原則としてBの過失も考慮される。

2、Aの運転する自動車とBの運転する自動車がそれぞれの運転ミスにより衝突し、歩行中のCを巻き込んで負傷させ、損害を生じさせた。CがBに対して、損害賠償債務の一部を免除しても原則としてAの損害賠償債務に影響はない。

3、A社の従業員BがA社所有の配達用トラックを運転中、運転操作を誤って歩行中のCをはねて負傷させ損害を生じさせた。A社がCに対して損害のすべてを賠償した場合、A社はBに対し、事情のいかんにかかわらず、Cに賠償した全額を求償することができる。

4、Aの運転する自動車が見通しが悪く遮断機のない踏切を通過中にB鉄道の列車と衝突し、Aが負傷して損害を生じた。この場合、線路は、土地工作物に当たらないから、AがB鉄道に対して土地工作物責任に基づく賠償請求をすることはできない。

5、Aの運転する自動車がAの前方不注意によりBの運転する自動車に追突してBを負傷させ損害を生じさせた。BのAに対する損害賠償請求権は、Bの負傷の程度に関わりなく、また、症状について確実に認識できなくても、事故により直ちに発生し、三年で消滅時効にかかる。







胡桃「不法行為に関する基本的な判例の知識を問う問題だわ」

建太郎「うん。簡単だな」




続きを読む

2018年05月15日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 報酬額の制限 2-50 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

宅地建物取引業者A(消費税課税業者)は、売主Bから土地付き建物の売却の代理の依頼を受け、宅地建物取引業者C(消費税課税業者)は、買主Dから戸建て住宅購入の媒介の依頼を受け、BとDの間で売買契約を成立させた。
この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。
なお、土地付き建物の代金は、5340万円(うち、土地代金は2100万円)で、消費税及び地方消費税を含むものとする。

1、AはBから、3,340,000円の報酬を受領し、CはDから1,670,000円の報酬を受領した。
2、AはBから、2,200,000円の報酬を受領し、CはA及びDの了承を得たうえで、Dから、1,239,000円の報酬を受領した。
3、AはBから、1,660,000円の報酬を受領し、CはDから1,669,500円の報酬を受領したほか、Dの特別の依頼によって行った遠隔地への現地調査に要した費用について、Dが事前に負担を了承していたので、50,000円を受領した。


愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「むむっ……。ちょっと待て……」


続きを読む

2018年05月07日

民法1−62 債権各論 2009年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


不法行為の成立に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし妥当なものはどれか。

1、鍵のかかっていた他人の自転車を盗んだ者が、その自転車を運転している最中に不注意により第三者にけがを負わせた場合、自転車の所有者は、第三者に対して不法行為責任を負う。
2、責任能力を有する未成年者が不法行為をなした場合、親権者の未成年者に対して及ぼしうる影響力が限定的で、かつ親権者において、未成年者が不法行為をなすことを予測しうる事情がないときには、親権者は、被害者に対して不法行為責任を負わない。
3、飲食店の店員が、出前に自転車で行く途中で、他の自転車の運転手と口論になり、同人に暴力行為を働いてしまった場合は、事業につき加えた損害には該当せず、店員の使用者は使用者責任を負わない。
4、請負人がその仕事について第三者に損害を与えてしまった場合は、注文者と請負人の間には使用関係が認められるので、注文者は原則として第三者に対して使用者責任を負う。
5、借家の塀が壊れて通行人がケガをした場合、塀の占有者である借家人は通行人に対して無過失責任を負うが塀を直接占有していない所有者が責任を負うことはない。

胡桃「これは簡単だわね」
建太郎「ああ。不法行為に関する基本的な判例の知識を問う問題だよな」



続きを読む