スポンサードリンク

2017年12月06日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1−31 平成8年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aがその業務に関して公告を行った。この場合、宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、Aが宅地の売買の媒介をするにあたり、特に依頼者から依頼されて特別の広告を行った場合は、当該売買が不成立に終わった時でも、Aはその広告料金に相当する額を依頼者から受け取ることができる。
2、Aがマンションの分譲をするにあたり、建築確認を申請していたが、建築確認を受ける前であったので、「売買契約は建築確認を受けた後に締結する」旨を明記して広告を行った時でも、Aは、宅地建物取引業に違反する。
3、その広告により、販売する建物の形質について、実際のものよりも著しく優良又は有利であると現実に人を誤認させなくても、通常、誤認させるような表示であれば、当該広告は、誇大広告に該当する。
4、Aが販売する意思のない物件について行った「販売する」旨の広告は、著しく事実に相違する広告に該当し、このため、Aは、監督処分の対象となるが、罰則の適用を受けることはない。



愛「これも簡単すぎるぞ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2017年12月05日

憲法1−16 精神的自由 2010年問5 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



表現の自由の保障根拠に関する次の記述のうち、他と異なる考え方に立脚しているものはどれか。

1、広告のような営利的な表現活動もまた、国民一般が消費者として様々な情報を受け取ることの重要性にかんがみ、表現の自由の保護が及ぶものの、その場合でも、保障の程度は、民主主義に不可欠な政治的言論の自由よりも低いとする説がある。
2、知る権利は、国家からの自由という伝統的な自由権であるが、それにとどまらず、参政権(国家へ自由)的な役割を演ずる。個人は様々な事実や意見を知ることによって、はじめて政治に有効に参加することができるからである。
3、表現の自由を規制する立法の合憲性は、経済的自由を規制する立法の合憲性と同等の基準によって審査されなければならないとする説が存在するが、その根拠は、個人の自律にとっては、経済活動も表現活動も同等な重要性を有するためである。
4、名誉棄損的表現であっても、それが公共の利害に関する事実について、公益を図る目的でなされた場合には、それが事実であるか、真実であると信じたことに相当の理由があるときは処罰されない。
5、報道機関の報道の自由は、民主主義社会において、国民が国政に関与するにあたり、重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであり、表現の自由の保障内容に含まれる。



建太郎「うーん。これは仲間外れはどれかを選べばいいんだな」
胡桃「そうよ。ほとんど国語の問題だわ」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告に関する規制 1−30 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、宅地又は建物の売買、交換又は賃貸に関する広告をするときは、取引態様の別を明示しなければならないが、取引の相手方に対し、取引態様の別が明らかである場合は、明示する必要はない。
2、Aは、宅地造成工事規制区域内における宅地造成工事の許可が必要とされる場合において、当該宅地の売買に関する広告は、宅地造成等規制法第12条に規定する宅地造成工事の完了検査を受けた後でなければしてはならない。
3、Aは、建物の売買の広告に当たり、当該建物の形質について、実際のものよりも著しく善良であると人に誤認させる表示をした。当該建物に関する注文はなく、取引が成立しなかった場合であっても、Aは、監督処分及び罰則の対象となる。
4、Aは、建物の賃貸の媒介に当たり、依頼者の依頼に基づいて広告をした。Aは、報酬とは別に依頼者に対し、その広告料金を請求することはできない。



愛「これも簡単すぎるぞ。答えはどれだ?」
建太郎「ああ。簡単だな」


続きを読む
スポンサードリンク