スポンサードリンク

2017年11月16日

憲法1−5 基本的人権総論 2011年問4 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士試験 過去問版 / 行政書士開業。知名度、人脈、資金ゼロ、SNSも営業もやらずに一千万円以上稼ぐ秘訣とは?

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



Aは、日本国籍を有しない外国人であるが、出生以来、日本に居住しており、永住資格を取得している。
Aは、居住する地域に密着して暮らす住民であれば、外国人であっても、地方自治体の参政権を与えるべきであり、国が立法による参政権付与を怠ってきたのは、違憲ではないか。と考えている。
Aは、訴訟を起こして、裁判所に改めて、憲法判断を求めることはできないか。
かつて行政書士試験を受けたことのある友人Bに相談したところ、Bは昔の受験勉強の知識を頼りに、1から5の見解を述べた。このうち、最高裁判所の判例に照らし、妥当ではないものはどれか。

1、国民の選挙権の制限は、そのような制限なしには、選挙の公正を確保しつつ、選挙権行使を認めることが著しく困難であると認められる場合でない限り、憲法上許されず、これは立法の不作為による場合であっても同様であると解される。
2、国が立法を怠ってきたことの違憲性を裁判所に認定してもらうために、国家賠償法による国への損害賠償請求が行われることがあるが、最高裁はこれまで、立法不作為を理由とした国家賠償請求は認容されないという立場をとっている。
3、憲法の基本的人権の保障は、権利の性質上、日本国民のみを対象とするものと解されるものを除き、外国人にも等しく及ぶものと考えられており、政治活動の自由についても、外国人の地位にかんがみて、相当でないものを除き、外国人にも保障される。
4、憲法93条2項で地方自治体の長や議会議員などを選挙することとされた住民とは、その地方公共団体に住所を有する日本国民のみを指している。
5、仮に立法によって、外国人に対して、地方参政権を認めることができるとしても、その実現は、基本的に立法裁量の問題である。



胡桃「これも簡単な問題だわね」
建太郎「えっ……。そうなの?」

続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士証 1−17 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


取引士Aが甲県知事の宅地建物取引士資格登録及び宅地建物取引士証の交付を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aが、甲県知事から取引士証の交付を受けた際に付された条件に違反したときは、甲県知事は、Aの登録を消除しなければならない。
2、Aは、取引士証の有効期間の更新を受けなかったときは、取引士証を甲県知事に返納しなければならず、甲県知事はAの登録を消除しなければならない。
3、Aは、その住所を変更したときは、遅滞なく、変更の登録の申請と併せて、取引士証の書き換え交付申請を甲県知事に申請しなければならない。
4、Aが、乙県知事に登録の移転の申請と共に、取引士証の交付の申請をした場合における取引士証の交付は、Aが現に有する取引士証に、新たな登録番号その他必要な記載事項を記入する方法で行わなければならない。



愛「これも簡単すぎる。即答しろ」
建太郎「ええっと……」


続きを読む

2017年11月15日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士証 1−16 平成14年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



取引士と宅地建物取引士証に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に反しないものはどれか。

1、Aは、専任の取引士として従事していた宅地建物取引業者B社を退職し、宅地建物取引業者C社に専任の取引士として従事することとなり、B社は、宅地建物取引業者名簿登載事項理変更の届出をAの退職から半年後に、C社は就任から10日後に当該届出を行った。
2、Dは、宅地建物取引業者が業務に関し、展示会を実施する場所であって、宅地又は建物の売買の契約を締結する国土交通省令で定める場所(業務に従事する者11名)における唯一の専任の取引士である。
3、Eは、自らが有する取引士証の有効期間が満了して、半年になるが、宅建物取引士資格登録をしている都道府県が指定する講習を受講したので、当該取引士証の更新の申請をせず、取引士としてすべき事務を行っている。
4、Fは、取引士として宅地の売買に係る法第37条の書面の交付を買主に対して行い、その際、買主から取引士証の提示を求められたが、法第35条の重要事項説明を行う際に提示していたので、これを拒んだ。



愛「違反していないのはどれだ。即答しろ!」
建太郎「ちょっと待て、事案を把握しないと……」


続きを読む
スポンサードリンク