2018年06月20日

民法1−66 家族法 2004年問29 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


婚姻に関する次の記述のうち、判例の趣旨に照らし、誤っているものはどれか。

1、婚姻の届出は、戸籍吏に受理されれば終了し、戸籍簿に記入されなくても婚姻は成立する。
2、配偶者のある者が重ねて婚姻をした場合は、重婚関係を生じるが、後婚は当然に無効となるのではなく、取り消しうるものになるにすぎない。
3、内縁を不当に破棄された者は、相手方に対して、婚姻予約の不履行を理由に損害賠償請求ができるともに、不法行為を理由に損害賠償請求ができる。
4、事実上の夫婦共同生活関係にある者が、婚姻意思を有し、その意思に基づいて、婚姻の届出を作成した場合は、届出の受理された当時、意識を失っていたとしても、その受理前に翻意したなどの特段の事情がない限り、届け出の受理により、婚姻は有効に成立する。
5、婚姻の届出が単に子に嫡出子としての地位を得させるための便法として仮託されたものに過ぎないときでも、婚姻の届出自体については、当事者間に意思の合致があれば、婚姻は有効に成立する。


胡桃「これも基本的な判例の知識を問うだけの問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」

続きを読む

2018年06月18日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 監督処分 2-53 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

甲県知事の宅地建物取引士資格登録を受けている取引士Aへの監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、乙県内の業務に関し、他人に自己の名義の使用を許し、当該他人がその名義を使用して取引士である旨を表示した場合、乙県知事から必要な指示を受けることはあるが、取引士として行う事務の禁止の処分を受けることはない。
2、Aは、乙県内において、業務を行う際に提示した宅地建物取引士証が不正の手段により交付されたものであるとしても、乙県知事から登録を消除されることはない。
3、Aは、乙県内の業務に関し、乙県知事から、取引士として行う事務の禁止の処分を受け、当該処分に違反したとしても、甲県知事から登録を取り消されることはない。
4、Aは、乙県内の業務に関し、甲県知事または乙県知事から報告を求められることはあるが、乙県知事から必要な指示を受けることはない。

愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年06月15日

民法1−65 債権各論 2010年問32 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



Aは、Bのために事務処理を行ったが、この行為が、「1、AB間における委任契約に基づく債務の履行」 「2、Bのための事務管理」である場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?




1、委任の場合は、事務処理に関して費用を要するときは、AはBに対して前払いを求めることができるが、事務管理の場合は、費用の前払いを請求することができない。

2、Aは、委任の場合は、事務を処理するために善良なる管理者の注意をもって必要と判断した費用についてBに対して償還請求できるが、事務管理の場合は、Bのために有益であった費用についてのみBに対し償還請求できる。

3、Aは、委任の場合は、Bを代理する権限が法律上当然には認められないのに対し、事務管理の場合は、Bを代理する権限が法律上当然に認められる。

4、Aは、委任の場合には、事務を処理するにあたり受け取った金銭をBに引き渡さなければならないが、事務管理の場合は、Bに対しそのような義務はない。

5、Aは、委任の場合は委任の終了後、遅滞なくBに事務処理の経過及び結果を報告しなければならないのに対し、事務管理の場合は、事務管理を終了してもBの請求がない限り、事務処理の結果を報告する義務を負わない。




胡桃「条文レベルの簡単な問題だわ」

建太郎「おう。そうだな」



続きを読む