スポンサードリンク

2018年04月24日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-44 平成23年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者A社が、自ら売主として、宅地建物取引業者ではない買主Bと建築工事完了前のマンション(代金3000万円)の売買契約を締結し、Bから手付金200万円を受領した。この場合において、宅地建物取引業法第41条1項の規定による手付金等の保全措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、A社が、銀行との間で保証委託契約を締結することにより、保全措置を講じている場合、当該措置内容は、少なくともA社が受領した手付金返還債務の全部を保証するものでなければならない。
2、A社が保険事業者との間で保証保険契約を締結することにより、保全措置を講じている場合、当該措置内容は、少なくとも当該保証保険契約が成立した時から、建築工事完了までの期間を保険期間とするものでなければならない。
3、Bが売買契約締結前に、申込証拠金5万円を支払っている場合で、当該契約締結後、当該申込証拠金が代金に充当されるときは、A社はその申込証拠金に相当する額についても保全措置を講じる必要がある。
4、A社は、売買契約締結後の建築工事中に、さらに200万円を中間金として、Bから受領する場合、当該中間金についても、保全措置を講ずる必要がある。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年04月23日

民法1−57 債権各論 2012年問32 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



無償契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし、妥当なものはどれか。

1、定期の給付を目的とする贈与は、贈与者又は受贈者の死亡によって、その効力を失う。
2、贈与契約においては、対価性を維持する必要がないため、目的物に瑕疵があったとしても、贈与者は、それについて善意であるか悪意であるかに関わりなく担保責任を負わない。
3、使用貸借においては、借用物の通常の必要費については、借主の負担になるのに対し、有益費については、貸主の負担となり、その償還の時期は、使用貸借の終了の時であり、貸主の請求により、裁判所は、相当の期限を許与することはできない。
4、委任が無償で行われた場合、受任者は委任事務を処理するにあたり、自己の事務に対するのと同一の注意をもって、これを処理すればよい。
5、寄託が無償で行われた場合は、受寄者は、他人の物を管理するにあたり、善良なる管理者の注意をもって寄託物を保管しなければならない。



胡桃「これは条文レベルの簡単な問題だわね」
建太郎「おう。簡単だな」




続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-43 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、自ら売主として買主との間で建築工事完了前の建物を5000万円で売買する契約をした場合において、宅地建物取引業法第41条1項に規定する手付金等の保全措置に関する次の記述のうち、同法に違反するものはどれか。

1、Aは、宅地建物取引業者であるBとの契約を締結し、保全措置を講じずに、Bから手付金として、1000万円を受領した。
2、Aは、宅地建物取引業者でないCとの契約を締結し、保全措置を講じたうえで、Cから1000万円の手付金を受領した
3、Aは、宅地建物取引業者でないDとの契約を締結し、保全措置を講ずることなく、Dから手付金100万円を受領した後、500万円の保全措置を講じたうえで、中間金500万円を受領した。
4、Aは、宅地建物取引業者でないEと契約を締結し、Eから手付金100万円と中間金500万円を受領したが、既に当該建物について、AからEへの所有権移転登記を完了していたため、保全措置を講じなかった。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む
スポンサードリンク