スポンサードリンク

2018年01月16日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 1−62 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、その業務を行う場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法に違反しないものはどれか。

1、Aが、建物の賃貸の媒介をするにあたり、当該建物の近隣にごみの集積場を設置する計画がある場合で、それを借主が知らないと重大な不利益を被るおそれがあるときに、Aは、その計画について、故意に借主に対し、告げなかった。
2、Aは、建物の売買の媒介をするにあたり、建物の売主から、特別の依頼を受けて広告し、当該建物の売買契約が成立したので、国土交通大臣が定めた報酬限度額の報酬の他に、その広告に要した実費を超える料金を受領した。
3、Aが、建物の賃貸の媒介をするにあたり、借り受けの申し込みをした者から、預かり金の名目で金銭を受領した場合で、後日その申し込みを撤回されたときに、Aは、「預かり金は手付金としてすでに家主に交付した」といって返還を拒んだ。
4、Aは、建物の売買の媒介をするにあたり、買主が手付金を支払えなかったので、手付金に関し、銀行との間での金銭の貸借のあっせんをして、当該建物の売買契約を締結させた。



愛「これも簡単すぎる問題だな。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年01月15日

憲法1−47 統治 総合問題 2011年問7 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


次の文章は、衆議院議員選挙の効力を争ったある高等裁判所の判決の一節である。この判決について述べた文章として正しいのはどれか。

被告は、本件選挙は衆議院解散権の行使によるものであるところ、このような選挙については、投票価値の較差を是正したうえで、これを行うかどうかは立法政策の問題である旨主張する。
本件選挙が内閣の解散権行使に基づくものであることは、公知の事実であるが、前記の較差是正を行うべき合理的期間は、選挙権の平等を害するような較差を生ぜしめる議員定数配分規定がその間において、改正されることを合理的に期待し得るに足る期間なのであるから、右期間を経過した以上、右規定は、憲法に違反するものと言わざるを得ないのであり、右期間経過後に行われる選挙の効力については、それが内閣の解散権の行使によるものであっても、法律上、他の事由に基づく選挙と異なった取り扱いをすべき理由はない。その結果として内閣の解散権が事実上制約されることが起こりうるとしても、それは事柄の性質上やむを得ないものであり、以上とは逆に、内閣の解散権を確保するために違憲の選挙法規の効力をあえて承認するような法解釈をとることは、本末を転倒するものとのそしりを免れないであろう。(東京高判昭和59年10月19日行集35巻10号1693頁以下)

1、この判決は、内閣の解散権の前提として、衆議院での内閣不信任案の可決が必要的だという立場に立っている。
2、内閣の解散権行使の結果行われた選挙について、その無効を争う選挙訴訟は、三審制であって、本件は、控訴審判決である。
3、この判決は、政治上の必要があれば、本件のような事案で、内閣が解散権を行使しても、総選挙は適法だという立場に立っている。
4、本件訴訟は、公職選挙法の定める選挙訴訟として行われているので、いわゆる機関訴訟の一形態として位置づけられるものである。
5、この判決は、現時点では、既に改正に必要な合理的期間を徒過しており、判例によれば、当該議員定数配分規定は違憲だという立場に立っている。

胡桃「これも国語の問題だわ。かなり簡単だわね」
建太郎「ああ。ごちゃごちゃ書いてある割にはな」
胡桃「長文を読ませて、時間を消費させようとする出題者の意図が読み取れるわね」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 瑕疵担保責任 1−61 平成4年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

宅地建物取引業者Aが自ら売主として、マンション(価格1億7千万円)の売買契約を宅地建物取引業者でない買主Bと締結した場合の特約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に反しないものはどれか。

1、手付は1500万円としたが、Bは一括して支払えないというので、500万円ずつ三回に分割して支払うこととした。
2、手付は契約の成立を証するものとして30万円とし、Bの契約解除については、このほかに1000万円支払わなければ、することができないこととした。
3、手付は、解約手付として3000万円とし、Aが契約の履行を完了するまでは、Bは手付を放棄して、契約の解除をすることができることとした。
4、AB双方の債務不履行による契約解除に関し、違約金については、2500万円とし、別に損害賠償額の予定として、1000万円とすることとした。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む
スポンサードリンク