スポンサードリンク

2017年11月18日

憲法1−6 基本的人権総論 2004年問4 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士試験 過去問版 / 行政書士開業。知名度、人脈、資金ゼロ、SNSも営業もやらずに一千万円以上稼ぐ秘訣とは?

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



次の文章は、最高裁判所の判決の一節である。判決の趣旨に照らして妥当ではないものはどれか。

税理士会は税理士の義務の遵守及び税理士業務の改善進歩に資するため、会員の指導、連絡、監督に関する業務を行うことを目的として、法があらかじめ、税理士にその設立を義務付け、その結果設立された法人である。法に別段の定めがある場合を除くほか、税理士会に入会している者でなければ、税理士業務を行ってはならないとされている。
税理士会が強制加入の団体であり、その会員である税理士に実質的には脱退の自由が保障されていないことからすると、その目的の範囲を判断するにあたっては、会員の思想、信条の自由との関係で、次のような配慮が必要である。
税理士会は法人として法及び会則所定の方式による多数決原理により決定された団体の意思に基づいて行動し、その構成員である会員は、これに従い協力する義務を負い、その一つとして会則に従って、税理士会の経済的基礎をなす会費を納入する義務を負う。しかし、法が税理士会を強制加入の法人としている以上、その構成員である会員には、様々な思想、信条、主義、主張を有する者が存在することが当然に予定されている。
したがって、税理士会が右の方式により決定した意思に基づいてする活動にも、そのために会員に要請される協力義務にもおのずから、限界がある。


1、税理士会は、会社とは、法的性格を異にする法人であり、その目的の範囲についても、会社のような広範なものと解するならば、法の要請する公的な目的の達成を阻害して、法の趣旨を没却する結果となることが明らかである。
2、政党に政治資金を寄付するかどうかは、選挙における投票の自由と表裏をなすものであり、会員各人が市民としての個人的な政治思想、見解、判断に基づいて、自主的に決定すべき事柄である。
3、税理士会は、税務行政や税理士の制度等について権限のある官公署に建議し、又はその諮問に答申することができるが、政治資金規正法上の政治団体への金員の寄付を権限のある官公署に対する建議や答申と同視することはできない。
4、税理士会が政治資金規正法上の政治団体に対して、金員の寄付をすることは、たとい税理士に係る法令の制定改廃に関する要求を実現するためであっても、原則として、税理士会の目的の範囲外の行為であり、無効と言わざるを得ない。
5、税理士会の目的の範囲内の行為として、有効と解されるのは、税理士会に許容された活動を推進することを存立目的とする政治団体に対する献金であって、税理士会が多数決原理によって、団体の意思として正式に決議した場合に限られる。



建太郎「これって、国語の問題か?」
胡桃「そうよ。ほとんど国語の問題と言っていいわ」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士証 1−19 平成13年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業に規定する取引士に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、都道府県知事は、宅地建物取引士資格試験を不正の手段で受験したため、合格決定が取り消された者について、同試験の受験を以後五年間、禁止する措置をすることができる。
2、宅地建物取引士資格試験に合格した者でも、三年以上の実務経験を有しなければ、第18条第1項の登録を受けることができない。
3、甲県内に所在する事務所の専任の取引士は甲県知事による第18条第1項の登録を受けている者でなければならない。
4、宅地建物取引士証を滅失した取引士は、宅地建物取引士証の再交付を受けるまで、法第35条の規定による重要事項の説明をすることができない。



愛「即答しろ。答えはどれだ?」
建太郎「訳が分からないくらい簡単だよな」


続きを読む

2017年11月17日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士証 1−18 平成11年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

宅地建物取引士Aが、甲県知事から宅地建物取引士証の交付を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aが、乙県知事に対して宅地建物取引士資格登録の移転と共に取引士証の交付を申請した場合、Aは、乙県知事から新たな取引士証の交付を受けた後、一週間以内に従前の取引士証を甲県知事に返納しなければならない。
2、Aが、乙県の区域内における業務に関して、乙県知事から事務禁止の処分を受けた時は、Aは、一週間以内に乙県知事に取引士証を提出しなければならない。
3、Aが、取引士証の有効期間の更新を受けようとするとき、Aは、甲県知事が指定する講習で、有効期間の満了日前一年以内に行われるものを受講しなければならない。
4、Aが、甲県の区域内における業務に関して、事務禁止の処分を受け、甲県知事に取引士証を提出した場合で、その処分の期間の満了後返還を請求した時、甲県知事は直ちに、取引士証をAに返還しなければならない。


愛「これも簡単すぎるぞ。答えはどれだ?」
建太郎「うん。簡単だな」


続きを読む
スポンサードリンク