スポンサードリンク

2018年04月25日

民法1−59 債権各論 2010年問33 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


AのBに対する不当利得返還請求等に関する次の記述のうち、判例に照らし誤っているものはどれか。

1、Aは、Bに対する未払い賃料はないことを知りつつ、Bから賃料不払いを理由とした賃貸建物明渡請求訴訟を提起された場合における防御方法として支払いをなすものであることを特に表示したうえで、Bに弁済を行った。この場合に、AはBに対して不当利得として給付した弁済額の返還を請求することができる。
2、Aは、賭博に負けたことによる債務の弁済として、Bに高価な骨とう品を引き渡したが、その後、AB間でBがこの骨とう品をAに返還する旨の契約をした。この場合に、AはBに対し、この骨とう品の返還請求ができる。
3、Cは、BからB所有の家屋を賃借した際に、CがBに対して権利金を支払わない代わりに、Cが当該家屋の修繕義務を負うこととする旨を合意したため、後日、当該家屋の修繕工事が必要となった際、CはAに対して、これを依頼し、Aが同工事を完了したが、CはAに修繕代金を支払う前に無資力となってしまった。この場合に、AはBに対して、不当利得として、修繕代金相当額の返還を請求することはできない。
4、Aは、Bとの愛人関係を維持するために、自己の有する未登記建物をBに贈与し、これを引き渡した。この場合に、Aは、Bに対し、不当利得としてこの建物の返還を請求することができる。
5、BはCから強迫を受け、同人の言うままに、Aと金銭消費貸借契約を締結し、Aに指示してBとは何らの法律上または事実上の関係のないDに貸付金を交付させたところ、Bが強迫を理由にAとの当該金銭消費貸借契約を取り消した。この場合に、AはBに対し、不当利得として貸付金相当額の返還を請求できる。



胡桃「これも基本的な判例の知識を問う問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-45 平成22年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A社が、自ら売主として、宅地建物取引業者ではない買主Bと建築工事完了前のマンションの売買契約を締結するにあたり、宅地建物取引業法第41条1項の規定による手付金等の保全措置が必要な場合における次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

1、売買契約において、当該マンションの代金の10%に相当する額の中間金を支払う旨の定めをしたが、Aが保全措置を講じないことを理由に、Bが当該中間金を支払わないときは、Aは、Bの当該行為が債務不履行に当たるとして、契約を解除することができる。
2、Aが受領した手付金の返還債務を連帯して保証することを委託する契約をAとAの代表取締役との間であらかじめ締結した時は、Aは当該マンションの代金の額の20%を手付金として受領することができる。
3、Aが受領した手付金の返還債務のうち、保全措置を講じる必要があるとされた額を超えた部分についてのみ保証することを内容とする保証委託契約をAと銀行との間であらかじめ締結した時は、Aは、この額を超える額の手付金を受領することができる。
4、手付金の受領後、遅滞なく、保全措置を講じる予定である旨をAがあらかじめBに対して説明した時は、Aは、保全措置を講じることなく、当該マンションの代金の額の10%を手付金として受領することができる。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年04月24日

民法1−58 債権各論 2011年問33 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


Aの隣人であるBは、Aの不在の間に、台風によってA所有の甲建物の屋根が損傷したため、修繕を行った。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし妥当なものはどれか。

1、Bは、Aからあらかじめ、甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために、修繕を行ったが、強風にあおられて、屋根から落下してしまい、受傷した。この場合、Bは、Aに対して、損害賠償請求ができない。
2、Bは、Aから不在時の甲の管理を頼まれていたために、修繕を行ったが、屋根から降りる際に、不注意で足を滑らせて落下し受傷した。この場合、BはAに対して、損害賠償請求ができる。
3、Bは、Aからあらかじめ、甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために修繕したが、それがAにとって有益であるときは、BはAに対して、報酬を請求することができる。
4、Bは、Aからあらかじめ、甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせた。このようなBの行為は、Aのための事務管理に当たるから、これにより、Cは、Aに対して、工事代金の支払いを直接に請求できる。
5、Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせたが、実はAがCによる修繕を望んでいないことが後になって判明した。このような場合、甲にとって必要不可欠な修繕であっても、BはAに対して、その費用の支払いを請求することができない。



胡桃「これも条文レベルの出題だわ」
建太郎「うん。簡単だな」


続きを読む
スポンサードリンク