スポンサードリンク

2017年06月20日

宅建士試験過去問 権利関係 相殺 2−26 平成23年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

Aは自己所有の甲建物をBに賃貸し、賃料債権を有している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。

1、Aの債権者CがAのBに対する賃料債権を差押えた場合、Bは、その差押え前に取得していたAに対する債権と差押えに係る賃料債務とをその弁済期の前後にかかわらず、相殺適状になった段階で相殺し、Cに対抗することができる。
2、甲建物の抵当権者Dが物上代位権を行使してAのBに対する賃料債権を差し押さえた場合、Bは、Dの抵当権設定登記の後に取得したAに対する債権と差押えに係る賃料債務とを相殺適状になった段階で相殺し、Dに対抗できる。
3、甲建物の抵当権者Eが物上代位権を行使してAのBに対する賃料債権を差し押さえた場合、その後に賃貸借契約が終了し、目的物が明渡されたとしても、Bは、差押えに係る賃料債務につき、敷金の充当による当然消滅をEに対抗することはできない。
4、AがBに対する賃料債権をFに適法に譲渡し、その旨をBに通知した時は、通知時点以前にBがAに対する債権を有しており、相殺適状になっていたとしても、Bは、通知後はその債権と譲渡に係る賃料債務とを相殺することはできない。


建太郎「むむっ……。この問題は難しくないか?」
胡桃「そうかしら?相殺に関する基本的な判例の知識を問う問題よ。確実に得点したい問題だわ。まず、相殺とは何かという点から見ていくわよ」


続きを読む

2017年06月19日

マンガやゲームなどは手の届かないところに

マンガやゲームなどは手の届かないところに

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

マンガやゲーム等は、受験生にとっては、勉強の妨げになりやすいものです。

勉強していても、自分の部屋にマンガやゲームがあるとついつい、惹かれてしまって、いつの間にか、勉強をそっちのけで、マンガやゲームに夢中になってしまう。

マンガやゲームに夢中になってふと気付くと、もう寝る時間。

「今日も勉強できなかった……」

と自己嫌悪に陥ってしまう。

そんなことの繰り返しで、いつまでも勉強できないでいると、受験にも影響してくることは間違いありません。

いつかは、勉強に専念しなければならないわけです。

ではいつからか?

今日からです。

たった今から、勉強に専念しましょう。

「今日は遊ぶけど、明日から頑張るから……」

と言っていると、何度もその繰り返しで、いつまでも勉強できません。



「でもなかなか始められなくて……」

それなら、妥協しましょう。

マンガやゲームに誘惑されてしまうというのでしたら、今日中に、マンガやゲームを段ボール箱などにしまって、簡単に取り出せない天袋等にしまってしまいましょう。

今日中に自分の部屋を勉強以外にやることがない環境にしてしまうのです。

一冊だけは手元に残したいという甘えは禁物。

全部、しまってしまいましょう。

そうすれば、明日からは、必然的に勉強するしかなくなるはずです。

posted by 大滝七夕 at 23:23| 資格試験のヒント

宅建士試験過去問 権利関係 債権譲渡 2−25 平成28年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



AがBに対する債権をCに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。

1、AのBに対する債権に譲渡禁止の特約があり、Cがその特約の存在を知りながら債権の譲渡を受けていれば、Cからさらに債権の譲渡を受けた転得者Dがその特約の存在を知らなかったことにつき重大な過失がない場合でも、BはDに対して特約の存在を対抗することができる。
2、AがBに債権譲渡の通知を発送し、その通知がBに到達していなかった場合には、Bが異議を留めない承諾をしても、BはCに対して当該債権に係る債務の弁済を拒否することができる。
3、AのBに対する債権に譲渡禁止の特約がなく、Cに譲渡された時点では、まだ発生していない将来の取引に関する債権であった場合、その取引の種類、金額、期間などにより、当該債権が特定されていた時は、特段の事情がない限り、AからCへの債権譲渡は有効である。
4、Aに対し、弁済期が到来した貸金債権を有していたBは、Aから債権譲渡の通知を受けるまでに、異議を留めない承諾をせず、相殺の意思表示もしていなかった。その後、Bは、Cから支払い請求を受けた際に、Aに対する貸金債権との相殺の意思表示をしたとしても、Cに対抗することはできない。



胡桃「これも条文レベルの簡単な問題だわ。分かるわよね?」
建太郎「ああ。債権譲渡に関する問題だな」

続きを読む
スポンサードリンク