スポンサードリンク

2017年09月15日

宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 1−49 平成14年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、土砂災害計画区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律によれば、土砂災害特別警戒区域において、都市計画法上の一定の開発行為をしようとする者は、原則として市町村長の許可を受けなければならない。
2、海岸法によれば、海岸保全区域内において、土石の採取等の行為をしようとする者は、原則として海岸管理者の許可を受けなければならない。
3、都市緑地法によれば、特別緑地保全地区内で建築物の新築、改築等の行為をしようとする者は、原則として都道府県知事の許可を受けなければならない。
4、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律によれば、急傾斜地崩壊危険区域内において、水を放流し、または停滞させる等の行為をしようとする者は、原則として、都道府県知事の許可を受けなければならない。



美里「これも許可権者と届出先はどこかを問うだけの問題だね」
建太郎「うん。分かるけど、細かく覚えないといけないんだよな……。この手の問題って捨ててはダメなのかな?」
美里「宅建は、一点差で合否が左右されるシビアな試験なんだよ。その他の法令は、覚えるだけなんだから、合格者は、誰でも解けるよ」
建太郎「うーん。やっぱり覚えないとだめか」

続きを読む

2017年09月14日

宅建士試験過去問 法令上の制限 その他の法令 1−48 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



次の記述のうち正しいものはどれか。

1、道路法によれば、道路の区域が決定された後、道路の共用が開始されるまでの間であって、道路管理者が当該区域についての権原を取得する前であれば、当該区域内において、工作物の新築を行おうとする者は、道路管理者の許可を受けなくてもよい。
2、土壌汚染対策法によれば、指定区域に指定された際、現に当該指定区域内で既に土地の形質の変更を行っている者は、その指定の日から起算して、14日以内に、都道府県知事の許可を受けなければ、土地の形質の変更を続けてはならない。
3、都市再開発法によれば、市街地再開発促進区域内において、鉄骨二階建てで地階を有しない移転の容易な建築物の建築を行おうとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。
4、密集市街地における防災街区の整備の促進に関する法律によれば、防災街区整備事業に係る公告があった後においては、当該事業の施行地区内において、防災街区整備事業の施行の障害となるおそれがある土地の形質の変更を行おうとする者は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。



美里「今日は、その他の法令からの出題だよ」
建太郎「届出とか許可とかを覚えるだけの分野だっけ」
美里「そうだよ。もちろん、簡単な問題だから、正誤は判断できるよね」
建太郎「むむっ……。そう簡単じゃないと思うけど」

続きを読む

2017年09月13日

宅建士試験過去問 法令上の制限 農地法 1−47 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



農地法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、農地を一時的に資材置き場に転用する場合は、いかなる場合であっても、あらかじめ、農業委員会に届出をすれば、農地法第四条第一項又は同法第五条一項の許可を受ける必要はない。
2、市街化区域内の農地を耕作の目的に供するために取得する場合は、あらかじめ、農業委員会に届け出れば、農地法第三条一項の許可を受ける必要はない。
3、農業者が山林原野を取得して、農地として造成する場合、農地法第三条第一項の許可を受ける必要がある。
4、農業者が自ら居住している住宅の改築に必要な資金を銀行から借りるため、自己所有の農地に抵当権を設定する場合、農地法第三条一項の許可を受ける必要はない。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「うーん。判断に迷う選択肢もあるけど……」
美里「それでも、農地法の趣旨を理解していれば、答えはわかるはずだよ」


続きを読む
スポンサードリンク