スポンサードリンク

2018年04月27日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 報酬額の制限 2-47 平成27年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

宅地建物取引業者A及びB(共に消費税課税業者)が受領した報酬に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するもののはどれか。

1、土地付き新築住宅(代金3000万円。消費税を含まない)の売買について、Aは売主から代理を、Bは買主から媒介を依頼され、Aは売主から2,073,600円を、Bは買主から、1,036,800円を報酬として受領した。
2、Aは、店舗用建物について、貸主と借主双方から媒介を依頼され、借賃1か月200,000円(消費税相当額を含まない)、権利金5,000,000円(権利設定の対価として支払われる金銭であって、返還されないもので、消費税等相当額を含まない)の賃貸借契約を成立させ、貸主と借主からそれぞれ、225,000円を報酬として受領した。
3、居住用建物(借賃1か月100,000円)について、Aは、貸主から媒介を依頼され、Bは借主から媒介を依頼され、Aは貸主から80,000円、Bは借主から54,000円を報酬として受領した。なお、Aは、媒介の依頼を受けるにあたって、報酬が借賃の0.54か月分を超えることについて、貸主から承諾を得ていた。



愛「これも即答しろ」
建太郎「ちょっと待て、計算しなきゃいけない問題だろ」



続きを読む

2018年04月26日

民法1−60 債権各論 2006年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



観光バス会社Aの運転手Bは、営業運転中に、Cが運転するD社のタンクロリー車と衝突事故を起こし、バスの乗客が負傷した。その事故は、Bの前方不注意とCの居眠り運転によるもので、過失割合は、B:C=3:7であった。
この場合に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、Aが乗客の請求に応じて、損害賠償した場合には、Aは、Cの過失割合に応じて、Cに対して求償することができる。
2、Bが乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Bは、賠償金全額につき、Dに対して求償することができる。
3、Bが乗客の請求に応じて、損害を賠償した場合は、Bは、賠償金全額につき、Aに対して求償できる。
4、BCが乗客の請求に応じて対等額を支出して損害の賠償をした場合は、Bは、自己の負担部分を超える範囲につき、Dに対して求償できる。
5、Cが乗客の請求に応じて損害賠償した場合は、Cは、Bの負担部分につき、Bに対してのみ求償できる。



胡桃「これは簡単だわね」
建太郎「おう。基本的な判例の問題だな」



続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-46 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、買主との間で、締結する売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、宅地建物取引業者ではない買主Bとの間で建築工事完了前の建物を4000万円で売却する契約を締結し、300万円の手付金を受領する場合、銀行等による連帯保証、保険事業者による保証契約または指定保管期間による保管により保全措置を講じなければならない。
2、Aは、宅地建物取引業者Cに販売代理の依頼をし、宅地建物取引業者でない買主Dと建築工事完了前のマンションを3500万円で売却する契約を締結した。この場合、A又はCのいずれかが保全措置を講ずることにより、Aは、代金の5%を超える手付金を受領できる。
3、Aは、宅地建物取引業者である買主Eとの間で建築工事完了前の建物を5000万円で売却する契約を締結した場合、保全措置を講じずに、当該建物の引渡し前に500万円を手付金として受領することができる。
4、Aは、宅地建物取引業者ではない買主Fと建築工事完了前のマンションを4000万円で売却する契約を締結する際、100万円の手付金を受領し、さらに、200万円の中間金を受領する場合でも、手付金が代金の額の5%以内であれば、保全措置を講ずる必要はない。



愛「これも簡単だぞ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む
スポンサードリンク