スポンサードリンク

2017年06月26日

宅建士試験過去問 権利関係 抵当権 2−31 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払い渡し、又は引き渡し前に差し押さえるものとする。

1、Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の賃料債権について、Bの一般債権者が差押えをした場合には、Aは、当該賃料債権に物上代位することができない。
2、Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の賃料債権について、Aが当該建物に抵当権を実行していても、当該抵当権が消滅するまでは、Aは、当該賃料債権に物上代位することができる。
3、Aの抵当権設定登記があるB所有の建物が火災によって焼失してしまった場合、Aは、当該建物に掛けられた火災保険契約に基づく、損害保険金請求権に物上代位することができる。
4、Aの抵当権設定登記があるB所有の建物について、CがBと賃貸借契約を締結したうえで、Dに転貸していた場合、Aは、CのDに対する転貸賃料債権に当然に物上代位することはできない。



建太郎「これは、全部判例からの出題だよな?」
胡桃「そうね。基本的な判例ばかりだから、すぐに答えが分かるわ」
建太郎「うーん。そうか?知らない選択肢もあるけど」
胡桃「その場合でも、知らないからと言ってあきらめるのではなく、考えるのよ」

続きを読む

2017年06月25日

宅建士試験過去問 権利関係 留置権 2−30 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



留置権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1、建物の賃借人が賃貸人の承諾を得て建物に付加した造作の買取請求をした場合、賃借人は造作買取代金の支払いを受けるまで、当該建物を留置することができる。
2、不動産が二重に売買され、第二の買主が先に所有権移転登記を備えたため、第一の買主が所有権を取得できなくなった場合、第一の買主は、損害賠償を受けるまで当該不動産を留置できる。
3、建物の賃貸借契約が賃借人の債務不履行により、解除された後に、賃借人が建物に関して有益費を支出した場合、賃借人は、有益費の償還を受けるまで、当該建物を留置することができる。
4、建物の賃借人が建物に関して必要費を支出した場合、賃借人は、建物所有者ではない第三者が所有する敷地を留置することはできない。



胡桃「これも簡単な問題だわ。合格レベルにある人ならば、三十秒で答えが分かるわよ」
建太郎「ちょっと待て!そんなに早く答えが分かるわけないだろ!ええっと……。基本的なのも混じっているけど、ちょっと分からないのもあるぞ」
胡桃「もちろん、見たことのない選択肢はどうしたって出てくるわ。そんなときでも、留置権の趣旨を理解した上で、常識を働かせれば、正誤は判断できるし、その選択肢が分からなくても他の選択肢を見て絞り込めるでしょ」
建太郎「うーん……」

続きを読む

2017年06月24日

宅建士試験過去問 権利関係 相隣関係 2−29 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


甲土地の所有者Aが他人の所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは公道に出るために甲土地を囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
2、甲土地が共有物分割によって、公道に通じなくなった場合、Aは、公道に出るために、通行の償金を支払うことなく、他の分割者の土地を通行することができる。
3、甲土地が公道に通じているか否かにかかわらず、他人が所有している土地を通行するために当該土地の所有者と賃貸借契約を締結した場合、Aは当該土地を通行することができる。
4、甲土地の隣接地の所有者が自らが使用するために当該隣接地内に通路を開設し、Aもその通路を利用し続けると、甲土地が公道に通じていない場合は、Aは、隣接地に関して時効によって通行地役権を取得することがある。



胡桃「これは何を問う問題か分かるわね?」
建太郎「相隣関係だよな。あのやたらと難しい漢字の囲繞地通行権についての問題だ」
胡桃「問題になっているのは、囲繞地通行権だけではないわよ。他人の土地を通行するための三つの権利について問うているのよ。分かるわよね?」

続きを読む
スポンサードリンク