2019年08月05日

行政法1−66 行政手続法 行政書士試験過去問 2012年問13

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、行政手続きは刑事手続きとその性質において、おのずから差異があることから、常に必ず、行政処分の相手方等に事前の告知、弁解、防御の機会を与えるなどの一定の手続きを設ける必要があるわけではない。

2、公害健康被害補償法に基づく水俣病患者認定申請を受けた処分庁は、早期の処分を期待していた申請者が、手続きの遅延による不安感や焦燥感によって、内心の静穏な感情を害されるとしても、このような結果を回避すべき条理上の作為義務を負うわけではない。

3、一般旅客自動車運送事業の免許拒否処分について、公聴会審理において、申請者に主張立証の機会が十分に与えられなかったとしても、運輸審議会の認定判断を左右するに足る資料等が追加提出される可能性がなかった場合は、当該拒否処分の取り消し事由とはならない。

4、国税犯則取締法上、収税官吏が犯則嫌疑者に対して質問する際に、拒否権の告知は義務付けられていないが、供述拒否権を保障する憲法の規定は、その告知を義務付けるものではないから、国税犯則取締法上の質問手続きは憲法に違反しない。

5、教育委員会の秘密会でなされた免職処分議決について、免職処分の審議を秘密会で行う旨の議決に公開原則違反の瑕疵があるとしても、当該瑕疵は実質的に軽微なものであるから、免職処分の議決を取り消すべき事由には当たらない。



建太郎「むむっ……。これは判例を知っているかどうかの問題だな」
胡桃「どれも基本的な判例だから、知っていて当然だわ」

続きを読む

2019年08月01日

【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法入門 #行政書士試験

【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法入門

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ




【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法入門 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


 行政法を全く知らない。あるいは、行政法でつまづいている。
 そんな方を独学で、専門書を読みこなせるレベルに引き上げることを目的とした行政法の入門書です。
 行政書士試験、公務員試験、あるいは、司法試験予備試験への第一歩をこの一冊から踏み出してください。


●行政法でつまづいているあなたへ

 憲法、民法とスムーズに勉強を進めたものの、行政法に入った途端、つまづいてしまう。という方もいると思います。
 実は、私もその一人で、学生時代、行政法の講義に全くついて行けませんでした。
 一番苦手な科目でした。
 教授は、独特の専門用語を機関銃の如く乱発するし、しかも引用する条文は、学生が使う六法には載っていない法律ばかりですから、何を話しているのかさっぱり分からないという状態になったものでした。
 しかし、行政書士試験や公務員試験用のテキストに目を通して、朧気ながら理解し、行政書士試験にも合格することができました。

 その後、縁あって、行政書士として開業することになり、いやおうなしに、行政法が実際に機能している現場に立ち会い続けて来ました。
 分厚い専門書を何冊も読み込み、知識を蓄え、現場での経験を重ねて来ました。
 今では、私の方が、クライアントに対して、行政法によると云々……。建設業法によると云々……。と説明しているのですから、世の中、不思議なものです。

 本書は、そんな私の経験を踏まえて、行政法でつまづいている方を救済しようと意図して執筆しました。
 一度つまづいているからこそ、分かりやすく書けるのだと思っております。


●何も知らない人でも独学で行政書士試験や公務員試験用のテキストを読めるようになります。

 行政法は、初心者には、分かりにくい法律です。
 憲法や民法とはまた違った、独特の法律用語が多数出てくるため、何も知らない人が、いきなり、行政書士試験用、公務員試験用のテキストを読んだところで理解できません。
 例えば、「行政主体、行政機関、行政庁」、「行政行為、行政処分、行政指導」、「特許、許可、認可」、「羈束行為、羈束裁量」これらの用語は似ているようですが、意味が違います。
 これらの基本的な用語を頭に叩き込まないで、テキストを読んでも、混乱するだけです。
 しかし、用語に慣れれば、「なんだ。こんな簡単な話だったのか」と分厚い専門書もすらすらと読めるようになるものです。

 本書は、行政法について、何も知らない方でも読んでいただけるよう、難解な分野は大胆にカットし、基本的な事項に絞って編集しました。
 民法について、ほんの少し、勉強していれば(宅建用の民法に一通り目を通しているレベルなら)、すらすらと読めます。

 読み終えた時には、「とりあえず、法学部で行政法を勉強した」と言えるくらいの知識は身につきますし、「行政書士試験用、公務員試験用のテキストを独学で読めるレベル」に達していることでしょう。


●全文が会話文形式

 『ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説シリーズ』は、『会話文形式で、すらすら読めるテキスト』です。
 『ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説シリーズ』同様に、ハイレベルな内容で、公務員試験、行政書士試験を受験する方に合わせています。

 一般的な行政法の解説書や判例六法等を読んでいると眠くなって頭に入らないという悩みを抱えている方も多いと思います。
 でも、小説ならば、眠くならずに、すらすら読めるのでは?


●ライトノベルで学ぶ 行政法入門 あらすじ

 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説シリーズに引き続き、宅本建太郎&桜咲胡桃のコンビが登場。
 建太郎は、司法書士の胡桃の指導を受けながら、行政法について学んでゆく。
 公務員試験や行政書士試験を目指すつもりのない建太郎。なぜ、行政法の勉強をやらされるのか疑問を抱くが、胡桃によると、行政法を勉強すれば、宅建士試験でも役立つのだとか……。

・主な登場人物

 宅本建太郎
 桜咲司法書士事務所補助者。宅建資格の勉強中。ひょんなことから伯父不動産王 宅本健一の莫大な遺産を相続することになる。『株式会社 宅本・オーガナイゼーション』の二代目会長兼社長に就任。

 桜咲胡桃
 宅建士。司法書士。桜咲司法書士事務所所長。宅本建太郎の上司にして恋人。元アイドルで可愛い顔立ちに、小柄ながらもB90 W60 H86と素晴らしいボディの持ち主。


●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 大滝 七夕
 新潟県村上市出身。『大滝七夕』は、ネット小説・著作限定のペンネームで本名や作家名ではない。
 法学部在学中から資格試験の勉強を始め、宅建、行政書士、司法書士の資格試験に独学で一発合格。大学卒業後は、都内の行政書士事務所、法律事務所等に勤務する傍ら、法律雑誌の記事や小説を執筆。その後、某新人賞に応募して、作家デビュー。法律知識と実務経験をもとにしたリーガルサスペンス、ファンタジー、武侠小説などを執筆している。
 行政書士として開業しており、十数年以上にわたり、建設業、宅建業の後継者問題、事業承継を専門的に手掛けている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 判例六法ラノベ化プロジェクト
 小説を読む感覚で、隙間時間にすらすらと読めて、なおかつ、『ハイレベルな』教材を開発しようと集まったベテランの実務家(弁護士、司法書士、行政書士、宅建士等)と資格スクール講師の集団。日々、試行錯誤しながら、新しい教材を開発中!

posted by 大滝七夕 at 19:54| 今日のおすすめ

行政法1−65 行政手続法 行政書士試験過去問 2003年問13 #行政書士試験

次の選択肢のうち、行政手続法と地方自治法のいずれにも定められているものはどれか。

1、申請拒否処分の際の理由の開示

2、許認可に際しての標準処理期間の作成と公表

3、許認可の取り消しに先立つ聴聞の実施

4、許認可の取り消しに際しての書面主義

5、届出に関する到達主義


建太郎「むむっ。これも行政手続法と地方自治法の条文を正確に覚えていないと解けない問題だな」
胡桃「それでも基本的な問題だわ。まず、地方自治法のどの規定が問題になるかわかるかしら?」
建太郎「第二百五十条の二以下の規定だな。つまり、国の行政機関又は都道府県の機関は、普通地方公共団体からの法令に基づく申請又は協議の申出があつた場合にどう処理するべきかという問題だ」
胡桃「それに対して、行政手続法は?」
建太郎「次のように定められているとおり、行政機関と国民との間における行政手続きに関して定めている法律だな」

行政手続法
(目的等)抜粋
第一条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性(行政上の意思決定について、その内容及び過程が国民にとって明らかであることをいう。第四十六条において同じ。)の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。

胡桃「そうね。それを踏まえたうえで、答えを確認するわよ」

続きを読む