スポンサードリンク

2017年11月22日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1−22 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aは、甲県知事の免許を受けた日から、一月以内に政令で定める額の営業保証金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託し、かつ、その旨を甲県知事に届け出なければ、事業を開始することができない。
2、Aは、事業の開始後、新たに事務所を設置した時は、二週間以内に、政令で定める額の営業保証金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託し、かつ、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
3、Aは、宅地又は建物の売買契約を締結しようとするときは、当該契約が成立するまでの間に、相手方に対して、営業保証金を供託した供託所及びその所在地並びに供託金の額について、説明しなければならない。
4、Aが、営業保証金を金銭のみにて供託している場合、免許換えにより、主たる事務所の最寄りの供託所が変更したとき、Aは、遅滞なく、変更前の供託所に対し、変更後の供託所への保管替えを請求しなければならない。



建太郎「むむっ……。どれも正しいように見えるんだが」
愛「条文を読んでいれば、すぐに間違いに気づくだろうが!」


続きを読む

2017年11月21日

憲法1−8 包括的基本権 2011年問3 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士試験 過去問版 / 行政書士開業。知名度、人脈、資金ゼロ、SNSも営業もやらずに一千万円以上稼ぐ秘訣とは?

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



プライバシー権に関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、妥当なものはどれか。

1、何人もその承諾なしに、みだりに容貌等を撮影されない自由を有するので、犯罪捜査のための警察官による写真撮影は、犯人以外の第三者の容貌が含まれない程度で許される。
2、前科は個人の名誉や信用に直接関わる事柄であるから、事件それ自体を公表することに、歴史的または社会的な意義が認められる場合でも、事件当時者の実名を明らかにすることは許されない。
3、指紋は、性質上、万人不同、終生不変とはいえ、指先の紋様にすぎず、それ自体では、個人の私生活や人格、思想等個人の内心に関する情報ではないから、プライバシーとして保護されるものではない。
4、犯罪を犯した少年に関する犯罪情報、履歴情報は、プライバシーとして保護されるべき情報であるから、当該少年を特定することが可能な記事を掲載した場合は、特段の事情がない限り、不法行為が成立する。
5、いわゆる住基ネットによって管理、利用等される、氏名、生年月日、性別、住所からなる本人確認情報は、社会生活上は、一定の範囲の他者には当然開示されることが想定され、個人の内面に係るような秘匿性の高い情報とは言えない。



胡桃「これも判例を覚えているかどうかだけの問題よ」
建太郎「とにかく、憲法は判例を覚えろということだな」


続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1−21 平成15年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。なお、本店と支店とでは最寄りの供託所を異にする。

1、Aは、一棟50戸のマンションの分譲を行う案内所を甲県内に設置し、その旨を甲県知事に届け出た後、営業保証金を追加して、供託せずに、当該案内所において、分譲を開始した。
2、Aは、甲県内に一つの支店を新設したので、一週間以内に営業保証金として500万円を当該支店の最寄りの供託所に供託した。
3、Aは、甲県内に二つの支店を新設し、本店の最寄りの供託所に1000万円を供託し、営業を開始した後、営業保証金を供託した旨を甲県知事に届け出た。
4、Aは、支店を廃止したため、Aの営業保証金について、Aとの宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は三か月以内に申し出るべき旨の公告をしたが、申出がなかったので、営業保証金を取り戻した。



愛「これも条文を読んでいるかどうかだけの問題だ。即答しろ!」
建太郎「ちょっと待て……。細かい問題じゃないか。ええっと……」


続きを読む
スポンサードリンク