スポンサードリンク

2018年06月04日

民法1−64 債権各論 2003年問29 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。




Aは不動産会社BとBがC工務店に注文して建築させた建売住宅を購入する契約を締結した。この場合における次の問いに答えよ。




1、この建売住宅が売買契約成立後、Aへの引き渡し前にBの責めに帰すべからざる事由によって、火災で半焼してしまった場合、AはBに対していかなる請求ができるか。

2、この建売住宅にCの手抜き工事による欠陥があって、漏水により、Aの大切にしていた絵画が損害を受けた場合、AはCに対していかなる請求ができるか。

3、この建売住宅のために、設定されているはずの通行地役権が設定されていなかった場合、AはBに対していかなる請求ができるか。

4、この建売住宅が売買契約成立後、Aへの引き渡し前に、Bの従業員の過失によって、火災になり半焼してしまった場合、AはBに対していかなる請求ができるか。

5、この建売住宅にCの手抜き工事による欠陥があって、通行人Dがケガをしてしまった場合、DはCに対していかなる請求ができるか。




胡桃「これは、危険負担や債務不履行責任、不法行為責任について理解できているかを問う問題だわ」

建太郎「おう。テキストを読んでいればわかることだな」



続きを読む

2018年06月02日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 標識の掲示 2-51 平成21年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。




1、宅地建物取引業者が一団の宅地の分譲を行う案内所において、契約行為等を行う場合、当該案内所には、国土交通大臣が定めた報酬の額を掲示しなければならない。

2、他の宅地建物取引業者が行う一団の建物の分譲の媒介を行うために、案内所を設置する宅地建物取引業者は、当該案内所に、売り主の商号又は名称、免許番号等を記載した国土交通省令で定める標識を掲示しなければならない。

3、宅地建物取引業者は、事務所以外の継続的に業務を行うことができる施設を有する場所においては、契約行為等を行わない場合であっても、専任の取引士を一人以上置くとともに、国土交通省令で定める標識を掲示しなければならない。

4、宅地建物取引業者は、業務に関して展示会を実施し、当該展示会場において、契約行為等を行おうとする場合、当該展示会場の従業員数5人あたりに1人以上の割合となる専任の取引士を置かなければならない。







愛「これは条文を知っているかどうかだけの問題だ。即答しろ」

建太郎「おう」


続きを読む

2018年05月22日

民法1−63 債権各論 2012年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。





不法行為に基づく損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らした正しいものはどれか。




1、Aの運転する自動車がAの前方不注意により、Bの運転する自動車と衝突して、Bの自動車の助手席に乗っていたBの妻Cを負傷させ損害を生じさせた。CがAに対して損害賠償請求する場合は、原則としてBの過失も考慮される。

2、Aの運転する自動車とBの運転する自動車がそれぞれの運転ミスにより衝突し、歩行中のCを巻き込んで負傷させ、損害を生じさせた。CがBに対して、損害賠償債務の一部を免除しても原則としてAの損害賠償債務に影響はない。

3、A社の従業員BがA社所有の配達用トラックを運転中、運転操作を誤って歩行中のCをはねて負傷させ損害を生じさせた。A社がCに対して損害のすべてを賠償した場合、A社はBに対し、事情のいかんにかかわらず、Cに賠償した全額を求償することができる。

4、Aの運転する自動車が見通しが悪く遮断機のない踏切を通過中にB鉄道の列車と衝突し、Aが負傷して損害を生じた。この場合、線路は、土地工作物に当たらないから、AがB鉄道に対して土地工作物責任に基づく賠償請求をすることはできない。

5、Aの運転する自動車がAの前方不注意によりBの運転する自動車に追突してBを負傷させ損害を生じさせた。BのAに対する損害賠償請求権は、Bの負傷の程度に関わりなく、また、症状について確実に認識できなくても、事故により直ちに発生し、三年で消滅時効にかかる。







胡桃「不法行為に関する基本的な判例の知識を問う問題だわ」

建太郎「うん。簡単だな」




続きを読む
スポンサードリンク