スポンサードリンク

2018年01月29日

民法1−8 意思表示 2011年問27 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


無効または取り消しに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし、妥当でないものはいくつあるか。

1、BがAに騙されてAから金銭を借り入れ、CがBの保証人となった場合、CはAの詐欺を理由としてAB間の金銭消費貸借契約を取り消すことができる。
2、BがAに騙されてAから絵画を購入し、これをCに転売した場合、その後になって、BがAの詐欺に気づいたとしても、当該絵画を第三者に譲渡してしまった以上、もはや、BはAとの売買契約を取り消すことはできない。
3、BがAから絵画を購入するに際して、Bに要素の錯誤が認められる場合、無効は誰からでも主張することができるから、Bから当該絵画を譲り受けたCも当然に、AB間の売買契約につき、錯誤無効を主張することができる。
4、BがAに強迫されて、絵画を購入した場合、Bが追認をすることができる時から、取消権を5年間行使しないときは、追認があったものと推定される。
5、未成年者であるBが親権者の同意を得ずに、Aから金銭を借り入れたが、後に当該金銭消費貸借契約が取り消された場合、BはAに対し、受領した金銭につき、現存利益のみ返還すれば足りる。




胡桃「これも条文レベルの簡単な問題だわ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年01月26日

民法1−7 意思表示 2010年問27 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


AがBに対して、A所有の動産を譲渡する旨の意思表示をした場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし、妥当なものはどれか。

1、Aが精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く情況にある場合、Aは、当然に成年被後見人であるから、制限能力者であることを理由として当該意思表示に基づく譲渡契約を取り消すことができる。
2、Aが、被保佐人であり、当該意思表示に基づく譲渡契約の締結につき、保佐人の同意を得ていない場合、A及び保佐人は、常に譲渡契約を取り消すことができる。
3、この動産が骨董品であり、Aが鑑定人の故意に行った虚偽の鑑定結果に騙された結果、Bに対して、時価よりも相当程度安価で当該動産を譲渡するという意思表示をした場合、Bがこの事情を知っているか否かにかかわらず、Aは、当該意思表示を取り消すことができない。
4、Aが、高額な動産を妻に内緒で購入したことをとがめられたため、その場を取り繕うために、その場にたまたま居合わせたBを引き合いに出し、世話になってるBに贈与するつもりで購入したものだと偽って、贈与するつもりがないのに、差し上げますと引き渡した場合、当該意思表示は、原則として有効である。
5、Aが、差し押さえを免れるために、Bと謀って、動産をBに譲渡したところ、Bが、事情を知らないCに売却した場合、Cに過失があるときは、Aは、Cに対して、AB間の売買契約の無効を主張することができる。



胡桃「条文レベルの簡単な問題だわ。この問題でミスしたらやばいわよ」
建太郎「うん。簡単だな」


続きを読む

2018年01月25日

民法1−6 意思表示 2008年問27 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


Aが自己の所有する甲土地をBと通謀して、Bに売却(仮装売買)した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし妥当でないものはいくつあるか。

1、Bが甲土地をAに無断でCに転売した場合に、善意のCは、AB間の売買の無効を主張して、BC間の売買を解消することができる。
2、Bが、甲土地をAに無断でCに転売した場合に、善意のCに対して、AはAB間の売買の無効を対抗することはできないが、Bはこれを対抗することができる。
3、Aの一般債権者Dは、AB間の売買の無効を主張して、Bに対して、甲土地のAへの返還を請求することができる。
4、Bが甲土地につき、Aに無断でEのために、抵当権を設定した場合、Aは、善意のEに対して、AB間の売買の無効を対抗することはできない。
5、Bの一般債権者であるFがAB間の仮装売買について、善意の時は、AはFに対して、Fの甲土地に対する差し押さえの前でも、AB間の売買契約の無効を対抗することができない。



胡桃「これも判例の知識を問う簡単な問題だわ」
建太郎「うん。そうだな」


続きを読む
スポンサードリンク