スポンサードリンク

2018年02月02日

民法1−11 代理 2007年問27 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


AがB所有の土地をCに売却した場合に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、AがBから土地の所有権を取得して、Cに移転できない場合、Cは、契約時にAに土地の所有権がないことを知っていたとしても、契約の解除ができる。
2、Cは、悪意又は有過失であっても、20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然とBの土地を占有継続すれば、Cは土地の所有権を時効取得する。
3、AがBの代理人と称して、売却した場合、代理権の無いことを知らなかったCが、この売買契約を取り消せば、Bはもはや、Aの代理行為を追認することはできない。
4、AがBの代理人と称して売却した場合、Cは、Aの代理権がないことを過失によって知らなかったとしても、無権代理を行ったAに対して、責任を追及できる。
5、所有権者Bが自らA名義で登記をして、虚偽の外形を積極的に作出し、そのまま放置していた場合には、Bは、Aを所有者だと信頼して買ったCに対抗できない。



胡桃「これも条文と基本的な判例の知識を問うだけの問題だわ」
建太郎「うん。そうだな」

続きを読む

2018年02月01日

民法1−10 代理 2008年問28 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。

Aの子Bが、Aに無断でAの代理人としてA所有の土地をCに売却する契約を結んだ。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし妥当なものはどれか。

1、Cは、Aが追認した後でも、この売買契約を取り消すことができる。
2、Bが未成年者である場合、Aがこの売買契約の追認を拒絶したならば、Cは、Bに対して、履行の請求をすることはできるが、損害賠償の請求をすることはできない。
3、Aが、この売買契約の追認を拒絶した後に死亡した場合、BがAを単独相続したとしても、無権代理行為は、有効にはならない。
4、Aが追認又は追認拒絶しないまま死亡して、BがAを相続した場合、共同相続人の有無にかかわらず、この売買契約は当然に有効になる。
5、Cが相当の期間を定めて、この売買契約を追認するかどうかをAに対して回答するように催告したが、Aからは期間中に回答がなかった場合、Aは、追認を拒絶したものと推定される。



胡桃「これは、条文と判例の知識を問うだけの簡単な問題だわ」
建太郎「おう。そうだな」


続きを読む

2018年01月31日

民法1−9 代理 2009年問27 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし妥当なものはどれか。

1、Aは、留守中の財産の管理につき、単に妻Bに任せると言って海外へ単身赴任したところ、BがAの現金をA名義の定期預金としたときは、代理権の範囲外の行為に当たり、その効果はAに帰属しない。
2、未成年者Aが相続により、建物を取得した後で、Aの法定代理人である母Bが、自分が金融業者Cから金銭を借りる際に、Aを代理して行ったCとの間の当該建物への抵当権設定契約は、自己契約に該当しないので、その効果は、Aに帰属する。
3、A所有の建物を売却する代理権をAから与えられたBが、自ら、その買主となった場合に、そのままBが移転登記を済ませてしまった場合は、AB間の売買契約について、Aに効果が帰属する。
4、建物を購入する代理権をAから与えられたBが、Cから建物を買った場合に、Bが未成年者であったときでも、Aは、Bの未成年者であることを理由にした売買契約の取り消しをCに主張することはできない。
5、Aの代理人Bが、Cを騙して、C所有の建物を安い値で買った場合、AがBの欺罔行為につき、善意無過失であったときは、B自身の欺罔行為なので、CはBの詐欺を理由にした売買契約の取り消しをAに主張することはできない。



胡桃「これも簡単な問題だわ」
建太郎「ああ、簡単だな」



続きを読む
スポンサードリンク