2018年07月04日

民法1−69 家族法 2008年問35 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


養子縁組に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし、妥当なものはどれか。

1、配偶者のある者が成年者を養子とする場合は、原則として、配偶者の同意を得なければならないが、配偶者がその意思を表示することができない場合は、その同意を得ないで縁組をすることができる。
2、配偶者のある者が未成年者を養子とする場合は、原則として、配偶者と共に縁組をしなければならないが、配偶者の嫡出である子を養子とする場合は、単独で縁組をすることができる。
3、配偶者のある者が未成年者を養子とする場合は、原則として配偶者と共に縁組をしなければならないが、配偶者もまた、未成年者である場合は、単独で縁組をすることができる。
4、真実の親子関係がない親から嫡出である子として出生届がなされている場合には、その出生の届出は無効であるが、その子が成年に達した後は、その出生の届出を養子縁組の届出とみなすことができる。
5、真実の親子関係がない戸籍上の親が15歳未満の子について代諾による養子縁組をしたときは、その代諾による縁組は、一種の無権代理によるものであるから、その子は、15歳に達した後は、その縁組を追認することができる。



胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「おう。基本的な知識を問うだけの問題だな」


続きを読む

2018年06月28日

民法1−68 家族法 2010年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。

A男とB女が出産したCとの関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に照らし、誤っているものはどれか。

1、AとBの内縁関係の継続中にBがCを出産し、AによってCを嫡出子とする出生届がなされた場合において、誤ってこれが受理されたときは、この届出により、認知としての効力を有する。
2、Bは、Aとの内縁関係の継続中に懐胎し、その後、Aと適法に婚姻し、婚姻成立後、150日を経て、Cを出産した場合において、AがCとの間に父子関係が存在しないことを争うには、嫡出否認の訴えではなく、親子関係不存在の訴えによらなければならない。
3、Bは、Aと離婚した後、250日を経て、Cを出産したが、Aは、離婚の一年以上前から、刑務所に収容されていた場合において、Aは、Cとの父子関係を争うためには、嫡出否認の訴えによらなければならない。
4、Aによる嫡出否認の訴えは、AがCの出生を知った時から、1年以内に提起しなければならないが、Aが成年被後見人である場合には、この期間は、後見開始の審判の取り消しがあった後に、AがCの出生を知った時から起算する。
5、Aが嫡出否認の訴えを提起する場合において、Cが幼少で意思能力を有せず、かつ、Bがすでに死亡している場合は、Cの未成年後見人がいる場合でも、家庭裁判所が選任した特別代理人を相手方とする。


胡桃「これは、嫡出子に関する基本的な判例の知識を問う問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」


続きを読む

2018年06月25日

民法1−67 家族法 2006年問35 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


Aは、自己が所有する甲建物に居住していたところ、Bと婚姻後においても、同建物にABと同居することとなった。この場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、A、Bが甲建物に関して、婚姻の届出前に別段の契約をしなかったときは、甲建物は、ABの共有に属するものと推定される。
2、ABの婚姻後にAが甲建物を第三者Cに譲渡したときは、Bは、そのAC間の売買契約を取り消すことができる。
3、ABの婚姻後に甲建物について必要な修繕をしたときは、その修繕に要した費用は、ABで分担する。
4、ABの婚姻後に甲建物内に存するに至った動産は、ABの共有に属するものとみなされる。
5、ABが離婚した場合において、AまたはBがその相手方に対して財産の分与を請求できるときに、その請求権を有する者は、甲建物内に存する動産について先取特権を有する。

胡桃「これは夫婦の財産に関する条文レベルの知識を問う問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」


続きを読む