スポンサードリンク

2018年04月19日

民法1−55 債権各論 2006年問32 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


契約の履行期に関する次の記述のうち、民法の規定によれば誤っているものはいくつあるか。

1、請負の報酬は、仕事の目的物の引き渡しを要する場合でも、仕事の目的物の完成時に、注文者が請負人に対して支払わなければならない。
2、宅地や建物の賃貸借の賃料は、翌月分を毎月末までに賃借人は賃貸人に対して支払わなければならない。
3、売買目的物の引き渡しについて、期限があるときは、代金の支払いについても、同一の期限までに買主が売主に対してその代金を支払わなければならないものとされている。
4、報酬の合意がある場合は、委任の報酬は、受任者の請求があれば、委任者が前払いをしなければならない。
5、消費貸借については、返還時期の合意がないときは、貸主の請求があれば貸主は直ちに返還しなければならない。



胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「ああ。条文レベルの出題だよな」


続きを読む

2018年04月18日

民法1−54 債権各論 2004年問28 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。



委任契約に関する次に記述のうち、妥当なものはどれか?

1、無償委任の受任者は、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、事務を処理する義務を負う。
2、委任者は、委任契約をいつでも解除することができるが、受任者が委任者にとって、不利な時期に解除するには、やむを得ない事由がなければならない。
3、受任者が委任事務を処理するため、自己に過失なくして、損害を被った場合は、委任者は、無過失でも、受任者に対して、損害賠償の責任を負う。
4、受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理状況を報告する義務を負う。
5、受任者が委任事務を処理するについて、費用を要する場合は、その事務を処理した後でなければ、委任者に対してその費用の支払いを請求することはできない。



胡桃「条文そのままの出題だわ。簡単すぎるわね」
建太郎「おう。簡単だな」


続きを読む

2018年04月17日

民法1−53 債権各論 2011年問34 / ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ行政書士資格試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2788ej/)』でもお読みいただけます。


木造建築工事について、発注者Aと受注者Bとの間で、請負契約を締結したが、次の文章はその一節である。
民法の規定と異なるもの、民法に規定されていないものはどれか。

1、Aの請負代金の支払いは、Bの本契約の目的物の引き渡しと同時になされるものとする。
2、Aは、本契約の目的物に瑕疵があるときは、その瑕疵の補修に代え又は補修とともに瑕疵に基づく損害賠償を請求することができる。
3、工事の遅延が不可抗力による時、または正当な理由があるときは、Bは、速やかに、その理由を示して、Aに工期の延長を求めることができる。
4、Bの責めに帰すことができない工事の遅延または中止があるときは、Bは、この契約を解除することができる。



胡桃「これは、何を問う問題かわかるかしら?」
建太郎「あっ、わかったぞ……」


続きを読む
スポンサードリンク