2017年09月25日

農地を長男に相続させるためには? / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり


民法の原則では、相続が発生した場合、配偶者と子供たちは法定相続分に従って、遺産を分割することが建前となっています。

(法定相続分)
第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

尤も、この規定は任意規定ですから、必ず、法定相続分通りに相続しなければならないわけではありません。

例えば、父が亡くなり、母と長男、次男、長女が相続人だったとしましょう。

めぼしい相続財産は、広大な農地のみ。
農地は、長男が継ぐ――長子相続――が、その地域の慣習だったとします。
現在の民法制度の下でも、長男のみが相続することは可能です。

特に、農地の場合は、分割してしまうと狭くなってしまい、効率的な農地経営の観点からも好ましくありません。
もちろん、物理的に分割せず、権利だけ共有という形にすることもできます。共有の場合は、農耕作業には、全く影響しなくても、農地から得られる一人当たりの収入が減ってしまい、農業だけでは、生活が成り立たなくなってしまいます。そうなると、農地を手放してしまうということもありうるでしょう。

やはり、農地に関しては、昔ながらの長子相続の形で、相続するのが望ましいと言えます。

その場合、農地を相続しない次男、長女に対しては一定の配慮が必要になります。

まず、母親の面倒は誰が見るのか?と言う点に関しては、やはり、農地を相続した見返りに、長男が世話するのが望ましいということになるでしょう。

長子相続とすると決めたとしても、次男、長女には、次のように、遺留分があります。

(遺留分の帰属及びその割合)
第千二十八条  兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一  直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
二  前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

母と長男、次男、長女が相続人となる場合は、次男、長女は相続財産の六分の一×二分の一=十二分の一
つまり、どのような形で相続されるのであれ、全遺産のうち、十二分の一は、次男、長女が相続する権利を主張することができる――遺留分減殺請求することができる――わけです。

以下、具体的な数字で見ていきましょう。この記事を作成している時点で、農地の価格の相場は次の通りです。

10アール=約1反=約300坪あたり
純農業地域 田127.0万円、畑92.4万円
都市的農業地域 田358.9万円、畑346.7万円

ところで、農地は必要最低限の広さが農地法で定められています。北海道では二ヘクタール、都府県では五十アールが最低限の面積です。

一ヘクタールとは、100アール=約10反=約3000坪です。

北海道では、二ヘクタールが最低面積。ということは、200アール=約20反=約6000坪もの土地がなければ、農地として認められないということなんですね。

※農地法
(農地又は採草放牧地の権利移動の制限)
第三条  農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合及び第五条第一項本文に規定する場合は、この限りでない。(略)
2  前項の許可は、次の各号のいずれかに該当する場合には、することができない。(略)
五  第一号に掲げる権利を取得しようとする者又はその世帯員等がその取得後において耕作の事業に供すべき農地の面積の合計及びその取得後において耕作又は養畜の事業に供すべき採草放牧地の面積の合計が、いずれも、北海道では二ヘクタール、都府県では五十アール(農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域の全部又は一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところにより、これを公示したときは、その面積)に達しない場合 (略)

例えば、都心部に近い都市的農業地域で、50アールの田を長男が相続したとしましょう。

価格はおおむね10アールあたり358.9万円となっていますから、1794.5万円――四捨五入して1800万円とします――相当の価値があることになります。

これを長男のみが相続。それに対して、次男、長女が遺留分を主張した場合は、

約1800万円×十二分の一=約150万円

この金額だけ、遺留分減殺請求することができるわけです。

もしも、次男、長女が弁護士を立てるなどして、権利主張した場合は、長男は、約150万円の金額をどうにかして捻出しなければならないことになります。

一般的には、価額による弁償ということになりますが、現金がなければ、農地を売るしかないということになります。

しかし、農地の売却については、農地法によって、様々な規制があり、自由に売却することはできません。50アールしかない場合は、先の農地法第三条の規定にあるとおり、下限面積ぎりぎりですから、切り売りすることなど出来ず、丸ごと手放すしかなくなるわけです。

そうなってしまうと、先祖代々受け継がれてきた農地を長男の代でダメにしてしまうことになりかねません。

そこで、次男、長女に対しても一定の遺産を分けてやることが穏便な相続のためには必要でしょう。

最低でも遺留分相当額の遺産を相続させるべきです。

例えば、銀行預金や株式などの不動産以外の資産を相続させることを検討すべきです。

もしも、十分な銀行預金が残っていない。残っていたとしても、そのお金は、母の生活のために必要なお金だということになると、次男、長女に対して、何等の遺産を残せないことになるかもしれません。

その場合、次男、長女を納得させる方法として、現物支給するという方法も考えられます。

例えば、田圃で取れる米を次男、長女に対して、毎月10キロずつ、送ってやるという方法です。仮に10キロ3000円と仮定すると、1年間あたり、36000円相当の贈与をしているも同然です。

それを約42年間続ければ、遺留分相当額の約150万円に達することになります。

その旨の約束をすることによって、次男、長女を納得させるというのも一つの方法と言えます。

参考条文
民法
(遺留分の算定)
第千二十九条  遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する。
2  条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って、その価格を定める。
第千三十条  贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様とする。
(遺贈又は贈与の減殺請求)
第千三十一条  遺留分権利者及びその承継人は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び前条に規定する贈与の減殺を請求することができる。
(遺留分権利者に対する価額による弁償)
第千四十一条  受贈者及び受遺者は、減殺を受けるべき限度において、贈与又は遺贈の目的の価額を遺留分権利者に弁償して返還の義務を免れることができる。
2  前項の規定は、前条第一項ただし書の場合について準用する。


●実録行政書士開業十年シリーズ
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり



バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年
平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた行政書士の開業初期の実体験を記した手記。



食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2
知名度、人脈、資金ゼロ、ホームページもSNSも持たず、営業も一切やらずに、毎年一千万以上の売り上げを達成し続け、開業十周年を迎えた行政書士の戦略とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐに至った行政書士だけが知っている孫子の極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方2 実録行政書士開業十年4
低価格を提示するのは、自分がバカだと世間に公示しているようなもの!孫子の兵法の経営戦略を忠実に実行すれば、行政書士で年間一千万以上稼ぐのは当たり前!金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士がどん底で掴んだ極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方3 実録行政書士開業十年5
行政書士は食えない、役立たない資格。だからこそ、食えるのだ――。金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士が、孫子の兵法によって悟りを開き、たどり着いた境地とは?




posted by 大滝七夕 at 20:31| 実務のヒント

2017年09月23日

介護が必要な人を残して逝く場合 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

自分の配偶者や障害のある子供が介護が必要な状態でありながら、自分の寿命の方が先に尽きてしまうことを覚悟している方もいると思います。
幸い、元気な子供がいて、彼らが自分の配偶者や障害のある子供の面倒を見てくれるというのであれば、恵まれていると言えるかもしれません。
家族の面倒を見るのに損得勘定などは考慮するべきではないかもしれません。しかし、介護が必要な状態が長く続くようだと、家族も疲弊してしまいます。
子供が自分の人生を犠牲にしながら、親や兄弟の面倒を見るような事態となれば、あなたとしても、やりきれないことでしょう。
やはり、介護施設への入居を検討する事も必要です。そのためには、一定の資産が必要になります。
「自分の遺産はすべて、介護が必要な子供のために使ってくれ」という趣旨の遺言を残したとしても、そのとおりに実行されるとは限りません。
先を見据えた対策を練っておく必要があります。
例えば、不動産を健康な子供と障害のある子供の共有にするというのも一つの方法です。
通常、不動産の相続において、共有状態を作り出すことは望ましいことではないとされていますが、共有にしておけば、健康な子供が障害のある子供を一方的に追い出すことは、できなくなりますから、とりあえずは、障害のある子供の住まいが確保されることになります。
一方で、健康な子供には、障害のある子供の面倒を見てやってほしい。あるいは、介護施設に入れる世話をしてやってほしいと思っているならば、健康な子供に金融資産の大半を相続させて、「この資産は障害のある子供の面倒を見るために使ってほしい」という付言事項を残しておくのも一つの手です。
付言事項には、法的な拘束力はありません。その文言に反して、他の用途に金融資産を流用してしまったとしても、誰も文句は言えないわけです。
でも、責任感のある子供であれば、親の付言事項に背くことはないでしょう。
元気な子供に、負担をかけたくないとか、どうしても信用できない。というのであれば、第三者に遺産を託して、自分の配偶者や障害のある子供の面倒を見るために運用してもらうしかありません。
特定贈与信託もその一つの方法です。
特定贈与信託は、特定障害者――重度の心身障がい者、中軽度の知的障がい者、障害等級2級、3級の精神障がい者等――の生活の安定を図ることを目的に、その親族等が金銭等の財産を信託銀行等に信託するものです。
信託銀行等は、信託された財産を管理・運用し、特定障害者の生活費や医療費のために、定期的に金銭を交付します。
第三者である信託銀行等が財産を管理・運用するわけですから、他の用途に流用される心配はありません。
また、特定贈与信託を利用すると、税金面でも有利になります。
具体的には、
特別障害者――重度の心身障がい者――の方については6,000万円
特別障害者以外の特定障害者――中軽度の知的障がい者および障害等級2級または3級の精神障がい者等――の方については3,000万円
を限度として贈与税が非課税となります。
介護の問題は、一筋縄ではいきません。一人で悩まずに、介護問題に詳しい人に相談して、早く身軽になりましょう。


●実録行政書士開業十年シリーズ
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり



バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年
平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた行政書士の開業初期の実体験を記した手記。



食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2
知名度、人脈、資金ゼロ、ホームページもSNSも持たず、営業も一切やらずに、毎年一千万以上の売り上げを達成し続け、開業十周年を迎えた行政書士の戦略とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐに至った行政書士だけが知っている孫子の極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方2 実録行政書士開業十年4
低価格を提示するのは、自分がバカだと世間に公示しているようなもの!孫子の兵法の経営戦略を忠実に実行すれば、行政書士で年間一千万以上稼ぐのは当たり前!金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士がどん底で掴んだ極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方3 実録行政書士開業十年5
行政書士は食えない、役立たない資格。だからこそ、食えるのだ――。金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士が、孫子の兵法によって悟りを開き、たどり着いた境地とは?



posted by 大滝七夕 at 19:32| 実務のヒント

2017年09月22日

遺言による未成年後見人の指定 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり


・未成年後見人の指定

子供が成人する前に自分の寿命が尽きると覚悟している方もいると思います。
片親が存命であれば、子供の親権者は片親だけになりますが、親が二人ともいなくなる場合は、自分の代わりに親権者となってくれる人を探さなければなりません。

親の代わりに子供の面倒を見る人のことを未成年後見人と言います。
未成年後見人の指定は、遺言によって行います。
遺言によって、未成年後見人を指定しなかった場合は、家庭裁判所が選任することになりますが、子供を託せる人が決まっていないというのは子供のためにもよくないことですから、生前に決めておくことが望ましいです。

未成年後見人を決めるだけでは不安だ。未成年後見人がちゃんと面倒を見てくれるかどうか心配だという場合は、未成年後見人を監督する者を決めることもできます。これを未成年後見監督人と言います。

未成年後見人に選任された人は、親権者と同様に子供の教育や監督、財産の管理を行うことになります。これらの行いに対しては、未成年者の財産(未成年者が相続した遺産)から報酬が支払われることになります。
なお、資力がない場合は、市町村などで支援制度を用意していることもあります。



・未成年後見人を指定する以外の方法

未成年後見人を指定する方法以外にも子供の面倒を見てもらう方法はあります。

一つは、信頼できる人に対して負担付遺贈を行う方法です。
遺産を遺贈する見返りとして、受遺者に子供の面倒を見るという負担を負わせるというものです。本当に子どもの面倒を見てくれるかどうか不安だという場合は、遺言執行者を指定することで、受遺者の行いを監督させることもできます。
裁判所が関わらないというだけで、未成年後見人とほぼ同様の目的を達することができますが、やはり、未成年後見人を指定する方法に比べると、不安があるのは否めません。
また、負担付遺贈を受けた者は、遺贈の目的の価額を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行する責任を負う。 とされているので、遺産に余裕がある方しか利用できません。

もう一つの方法は、子供を養子に出すという方法です。
養子縁組を結んだ場合は、養親は新たな親権者となりますから、無報酬で子供の養育監護を行うことになります。
資力がない場合でも利用できる制度ですが、養親が子を虐待しないかどうか不安だという方もいるでしょう。養親となる者が信頼できる人間かどうかを見極めることが大切です。



※民法条文

(未成年後見人の指定)
第八百三十九条  未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で、未成年後見人を指定することができる。ただし、管理権を有しない者は、この限りでない。
2  親権を行う父母の一方が管理権を有しないときは、他の一方は、前項の規定により未成年後見人の指定をすることができる。

(未成年後見人の選任)
第八百四十条  前条の規定により未成年後見人となるべき者がないときは、家庭裁判所は、未成年被後見人又はその親族その他の利害関係人の請求によって、未成年後見人を選任する。未成年後見人が欠けたときも、同様とする。
2  未成年後見人がある場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前項に規定する者若しくは未成年後見人の請求により又は職権で、更に未成年後見人を選任することができる。
3  未成年後見人を選任するには、未成年被後見人の年齢、心身の状態並びに生活及び財産の状況、未成年後見人となる者の職業及び経歴並びに未成年被後見人との利害関係の有無(未成年後見人となる者が法人であるときは、その事業の種類及び内容並びにその法人及びその代表者と未成年被後見人との利害関係の有無)、未成年被後見人の意見その他一切の事情を考慮しなければならない。

(未成年後見監督人の指定)
第八百四十八条  未成年後見人を指定することができる者は、遺言で、未成年後見監督人を指定することができる。
(後見監督人の選任)
第八百四十九条  家庭裁判所は、必要があると認めるときは、被後見人、その親族若しくは後見人の請求により又は職権で、後見監督人を選任することができる。
(後見監督人の欠格事由)
第八百五十条  後見人の配偶者、直系血族及び兄弟姉妹は、後見監督人となることができない。

(後見人の報酬)
第八百六十二条  家庭裁判所は、後見人及び被後見人の資力その他の事情によって、被後見人の財産の中から、相当な報酬を後見人に与えることができる。

(負担付遺贈)
第千二条  負担付遺贈を受けた者は、遺贈の目的の価額を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行する責任を負う。
2  受遺者が遺贈の放棄をしたときは、負担の利益を受けるべき者は、自ら受遺者となることができる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

(負担付遺贈の受遺者の免責)
第千三条  負担付遺贈の目的の価額が相続の限定承認又は遺留分回復の訴えによって減少したときは、受遺者は、その減少の割合に応じて、その負担した義務を免れる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。


●実録行政書士開業十年シリーズ
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり



バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年
平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた行政書士の開業初期の実体験を記した手記。



食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2
知名度、人脈、資金ゼロ、ホームページもSNSも持たず、営業も一切やらずに、毎年一千万以上の売り上げを達成し続け、開業十周年を迎えた行政書士の戦略とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐに至った行政書士だけが知っている孫子の極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方2 実録行政書士開業十年4
低価格を提示するのは、自分がバカだと世間に公示しているようなもの!孫子の兵法の経営戦略を忠実に実行すれば、行政書士で年間一千万以上稼ぐのは当たり前!金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士がどん底で掴んだ極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方3 実録行政書士開業十年5
行政書士は食えない、役立たない資格。だからこそ、食えるのだ――。金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士が、孫子の兵法によって悟りを開き、たどり着いた境地とは?




posted by 大滝七夕 at 21:35| 実務のヒント