スポンサードリンク

2017年07月10日

模擬試験は成績が悪い方がいい

模擬試験は成績が悪い方がいい

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

模擬試験で合格可能性や順位等が明らかになると受験生としては、そればかりに囚われてしまって、一喜一憂してしまうこともあると思います。

しかし、よい合格率や順位等が出たとしても、それはあくまでも模擬試験でしかありません。

成績がよかった人にしてみれば、

「これが本番の試験だったらいいのに……」

と思うでしょう。でも、これは、本番の試験ではないので、本番でも頑張らなければならないわけですよね。

一方、成績が悪かった人にしてみれば、

「これじゃあ、無理だ……」

と落ち込む?

いいえ。落ち込むのではなくて、むしろ、

「本番の試験でなくてよかった」

と思うべきです。模擬試験はあくまでも模擬試験でしかありません。

本番の試験でその成績だったら、不合格ですが、模擬試験は本番ではないのですから。

間違えた箇所を復習して、その分野を徹底的に強化していく。そのチャンスを得られたのですから。

もう一度、勉強しなおして、本番の試験では、間違えないようにすることが大切です。



人によって違うかもしれませんが、模擬試験は、成績が悪い方がいいともいえます。

というのは、仮に、中途半端に模擬試験の成績がよかったりすると、その後は、安心してしまって、

「本試験も余裕だよ〜」

と言って、勉強しないということもありえるからです。

しかし、模擬試験はあくまでも模擬試験であって、いくらいい成績をとっても、本番の試験ではないのです。

模擬試験を受けて、安心してしまって、勉強しないでいると、確実に、本試験は失敗します。

一方、模擬試験の成績があまりよくなければ、

「頑張らないとやばい」

と危機感を持ちますから、その後、必死に勉強する人が多いようです。

その結果、本番の試験では、よい成績が取れて、合格できるということになるわけです。

模擬試験の成績が良くても油断せずに、本試験まで勉強を頑張りましょう。


posted by 大滝七夕 at 23:54| 資格試験のヒント

2017年07月07日

模擬試験は順位を気にする必要はない


PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

模擬試験を受けたときに一番に気にすることは、現時点での合格可能性や順位等ではないでしょうか。

誰しも、一番気にしていることですから、合格可能性や順位等に目が行ってしまうのは仕方のないことです。

しかし、だからと言って、合格可能性や順位等だけに目を奪われてしまうのは好ましいことではありません。

最も大切なことは、間違えた分野はどの分野かということです。

模擬試験で間違えた分野は、自分が苦手としている分野である可能性が高いです。

その分野をこれからの勉強で補強して行けば、もっと成績が伸びるようになります。

間違えた分野の勉強を1ヶ月も集中してやれば、かなり成績が伸びるはずです。

1ヶ月も取り組んでみて、物にならないということでしたら、そもそも、その分野の基本が理解できていないか、特別難しい分野だということになります。

posted by 大滝七夕 at 22:40| 資格試験のヒント

2017年06月29日

広い部屋よりも狭い部屋の方が勉強しやすい?

広い部屋よりも狭い部屋の方が勉強しやすい?

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ


家で勉強するときは、自分の部屋で勉強する人が多いと思います。

でも、自分の部屋だと、ゲームやマンガや本などいろいろなものがあったりして、勉強に集中できないこともあるのではないでしょうか。

そんなときは、部屋を片付けて、勉強しかすることがない環境にするとよいでしょう。



さらに効果を上げるために役立つことがあります。

それは、狭い部屋で勉強するということです。

実は、広い部屋よりも狭い部屋の方が勉強しやすいといわれています。

想像してみてください。

体育館のような広い場所で、一つ、机と椅子を置いて、勉強できるでしょうか?

広すぎて、気が散ってしまって、勉強にならないですよね。

逆に、2畳くらいの狭いところに篭ると、目の前のことだけに集中できるので、勉強しやすくなります。

家の中で、狭い場所というと、トイレが上げられます。

トイレの中だと、考え事に集中できる体験を持っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、トイレに机を持ち込んで勉強するというわけにはいきませんので、勉強部屋をうまく仕切るようにするとよいかもしれません。

例えば、本棚で、机の周りを仕切ってしまうとか、日曜大工で、壁で囲ったりして、勉強する場所を狭く狭くしてしまいます。

そうすると、トイレくらいの狭いところに篭って勉強している感覚になり、勉強に集中しやすくなるものです。

ぜひ、試してみてください。

posted by 大滝七夕 at 22:54| 資格試験のヒント
スポンサードリンク