スポンサードリンク

2017年06月07日

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2−20 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



債務不履行に基づく損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、AがBとの契約を締結する前に、信義則上の説明義務に違反して契約締結の判断に重要な影響を与える情報をBに提供しなかった場合、Bが契約を締結したことにより被った損害につき、Aは、不法行為による損害賠償責任を負うことはあっても、債務不履行による損害賠償責任を負うことはない。
2、AB間の利息付金銭消費貸借契約において、利率に関する定めがない場合、借主Bが債務不履行に陥ったことにより、AがBに対して請求することができる遅延損害金は、年五分の利率により算出する。
3、AB間でB所有の甲不動産の売買契約を締結した後、Bが甲不動産をCに二重譲渡してCが登記を具備した場合、AはBに対して、債務不履行に基づく損害賠償請求をすることができる。
4、AB間の金銭消費貸借契約において、借主Bは、当該契約に基づく金銭の返済をCからBに支払われる売掛代金で予定していたが、その入金がなかった(Bの責めに帰すべき事由はない。)ため、返済期限が経過してしまった場合、Bは債務不履行には陥らず、Aに対して遅延損害金の支払い義務を負わない。



建太郎「むむっ。これはまた、新しい判例が出題されているのか?」
胡桃「かなり新しい判例もあるわね。でも、基本を理解していれば難しくないわ。まずは、1から見ていくわよ」

続きを読む

2017年06月06日

宅建士試験過去問 権利関係 債務不履行 2−19 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

1、賃借人の債務不履行を理由に賃貸人が不動産の賃貸借契約を解除するには、信頼関係が破壊されていなければならない旨。
2、当事者は債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる旨
3、債務の履行のために債務者が使用する者の故意または過失は、債務者の責めに帰すべき事由に含まれている旨。
4、債務不履行によって生じた特別の損害のうち、債務者が、債務不履行時に予見し、又は予見することができた損害のみが、賠償範囲に含まれる旨。



建太郎「なんか変わったタイプの出題形式だな」
胡桃「最近、増えているタイプの出題だわ。こういう出題形式が個数問題で出されると、一気に正答率が低くなるのよ。すべての選択肢について正誤を判断できなければならないからね。とりあえず、この問題は、規定があるのはどれかを問うだけだから、簡単だわね」


続きを読む

2017年06月03日

宅建士試験過去問 権利関係 委任 2−18 平成18年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



民法上の委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、委任契約は、委任者又は受任者のいずれからもいつでもその解除をすることができる。ただし、相手方に不利な時期に委任契約を解除した時は、相手方に対して、損害賠償責任を負う場合がある。
2、委任者が破産手続き開始の決定を受けた場合、委任契約は終了する。
3、委任契約が委任者の死亡により、終了した場合、受任者は、委任者の相続人から終了についての承諾を得る時まで、委任事務を処理する義務を負う。
4、委任契約の終了事由は、これを相手方に通知した時、又は相手方がこれを知っていた時でなければ、相手方に対抗することができず、その時まで当事者は委任契約上の義務を負う。



建太郎「んっ?この問題って、判例も混じっている?」
胡桃「判例なんて混じっていないわ。すべて条文レベルの出題よ」
建太郎「えっ?そうなんだ?」
胡桃「条文をしっかり読み込んでいれば、条文の文言通りの出題だとすぐに気づくわよ」


続きを読む
スポンサードリンク