スポンサードリンク

2018年04月03日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 クーリング・オフ 2-29 平成22年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが自ら売主となり、宅地建物取引業者ではない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法37条の2の規定に基づき、クーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Bが自ら指定したホテルのロビーで買い受けの申し込みをし、その際にAからクーリング・オフについて何も告げられず、その3日後、Aのモデルルームで契約を締結した場合、Bは売買契約を解除することができる。
2、Bは、テント張りの案内所で買い受けの申し込みをし、その際に、Aからクーリング・オフについて、書面で告げられ、契約を締結した。その5日後、代金の全部を支払い、翌日に宅地の引き渡しを受けた。この場合、Bは売買契約を解除することができる。
3、Bは、喫茶店で買い受けの申し込みをし、その際にAからクーリング・オフについて、書面で告げられ、翌日、喫茶店で契約を締結した。その5日後、契約解除の書面をAに発送し、その3日後に到達した。この場合、Bは、契約を解除することができない。
4、Bは、自ら指定した知人の宅地建物取引業者C(CはAから当該宅地の売却について、代理又は媒介の依頼を受けていない)の事務所で買い受けの申し込みをし、その際に、Aからクーリング・オフについて何も告げられず、翌日、Cの事務所で契約を締結した場合、Bは売買契約を解除することができない。



愛「これも簡単な問題だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年04月02日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 37条書面 2-28 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者A社がおこなう業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。

1、A社は、宅地の売買の媒介に際して、売買契約締結の直前に、当該宅地の一部に私道に関する負担があることに気づいた。すでに、買主に重要事項の説明を行った後だったので、A社は、私道の負担に関する追加の重要事項説明は行わず、37条書面にその旨の記載をし、売主及び買主の双方に交付した。
2、A社は、営業保証金を供託している供託所及びその所在地を説明しないままに、自らが所有する宅地の売買契約が成立したので、買主に対し、その供託所等を37条書面に記載の上、説明した。
3、A社は、媒介により建物の貸借の契約を成立させ、37条書面を借主に交付するにあたり、37条書面を記名押印した取引士が不在だったため、取引士ではない従業員に37条書面を交付させた。
4、A社は、宅地建物取引業者間での宅地の売買の媒介に際し、当該売買契約に瑕疵担保に関する特約はあったが、宅地建物取引業者間の取引であったため、当該特約の内容について、37条書面への記載を省略した。



愛「これも簡単な問題だぞ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年03月29日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 37条書面 2-27 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業法37条の規定により交付すべき書面に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。

1、Aが売主として、宅地建物取引業者Bの媒介により、土地付き建物の売買契約を締結した場合、Bが37条書面を作成し、その取引士をして、当該書面に記名押印させれば、Aは、取引士による37条書面への記名押印を省略することができる。
2、Aがその媒介により、事業用宅地の定期賃貸借契約を公正証書によって成立させた場合、当該公正証書とは別に37条書面を作成して交付するにあたって、取引士をして記名押印させる必要はない。
3、Aが売主としてCとの間で、売買契約を成立させた場合、(Cは、自宅を売却して購入代金に充てる予定である。)AC間の売買契約書に、「Cは、自宅を一定の金額以上で売却できなかった場合、本件売買契約を無条件で解除できる」旨の定めがあるときは、Aは、37条書面にその内容を記載しなければならない。



愛「これも簡単な問題たぞ」
建太郎「おう」


続きを読む
スポンサードリンク