スポンサードリンク

2018年04月24日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-44 平成23年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者A社が、自ら売主として、宅地建物取引業者ではない買主Bと建築工事完了前のマンション(代金3000万円)の売買契約を締結し、Bから手付金200万円を受領した。この場合において、宅地建物取引業法第41条1項の規定による手付金等の保全措置に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、A社が、銀行との間で保証委託契約を締結することにより、保全措置を講じている場合、当該措置内容は、少なくともA社が受領した手付金返還債務の全部を保証するものでなければならない。
2、A社が保険事業者との間で保証保険契約を締結することにより、保全措置を講じている場合、当該措置内容は、少なくとも当該保証保険契約が成立した時から、建築工事完了までの期間を保険期間とするものでなければならない。
3、Bが売買契約締結前に、申込証拠金5万円を支払っている場合で、当該契約締結後、当該申込証拠金が代金に充当されるときは、A社はその申込証拠金に相当する額についても保全措置を講じる必要がある。
4、A社は、売買契約締結後の建築工事中に、さらに200万円を中間金として、Bから受領する場合、当該中間金についても、保全措置を講ずる必要がある。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年04月23日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 手付金 2-43 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、自ら売主として買主との間で建築工事完了前の建物を5000万円で売買する契約をした場合において、宅地建物取引業法第41条1項に規定する手付金等の保全措置に関する次の記述のうち、同法に違反するものはどれか。

1、Aは、宅地建物取引業者であるBとの契約を締結し、保全措置を講じずに、Bから手付金として、1000万円を受領した。
2、Aは、宅地建物取引業者でないCとの契約を締結し、保全措置を講じたうえで、Cから1000万円の手付金を受領した
3、Aは、宅地建物取引業者でないDとの契約を締結し、保全措置を講ずることなく、Dから手付金100万円を受領した後、500万円の保全措置を講じたうえで、中間金500万円を受領した。
4、Aは、宅地建物取引業者でないEと契約を締結し、Eから手付金100万円と中間金500万円を受領したが、既に当該建物について、AからEへの所有権移転登記を完了していたため、保全措置を講じなかった。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年04月20日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 瑕疵担保責任 2-42 平成27年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、宅地建物取引業者は、自ら売主として宅地建物取引業者である買主との間で新築住宅の売買契約を締結し、その住宅を引き渡す場合、住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結を行う義務を負う。
2、自ら売主として新築住宅を販売する宅地建物取引業者は、住宅販売瑕疵担保保証金を供託する場合、宅地建物取引業者でない買主へその住宅の引き渡しまでに買主に対し、保証金を供託している供託所の所在地等について記載した書面を交付して説明しなければならない。
3、自ら売主として新築住宅を宅地建物取引業者でない買主に引き渡した宅地建物取引業者は、基準日に係る住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結の状況について、届け出をしなければ、当該基準日以後、新たに自ら売主となる新築住宅の売買契約を締結することができない。
4、住宅販売瑕疵担保責任保険契約を締結している宅地建物取引業者は、当該保険に係る新築住宅に、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分の隠れた瑕疵(構造耐力又は雨水の浸入に影響のないものを除く)がある場合に、特定住宅販売瑕疵担保責任の履行によって生じた損害について、保険金を請求することができる。



愛「これも条文レベルの簡単な問題だ」
建太郎「おう」

続きを読む
スポンサードリンク