スポンサードリンク

2017年11月28日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1−25 平成14年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


Aは、宅地の売買契約の解除に伴い、売主である宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許)に対して、手付金の返還請求権を有し、媒介業者C(甲県知事免許)に対しては、媒介報酬の返還請求権を有する。しかし、B、Cは、いずれも要求に応じない。Bは、営業保証金を供託所に供託しており、Cは宅地建物取引業保証協会に加入していた。この場合、宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、Aは、その権利を実行するため、Bに関しては、営業保証金の還付を、Cに関しては、返済業務保証金の還付を同時に供託所に申し立てることができる。
2、Aは、営業保証金について、Bに関する権利を実行する場合は、債権額、債権発生の原因たる事実を記載した一定の書式による書面の提出が必要である。
3、Aは、弁済業務保証金について、Cに関する権利を実行する場合は、宅地建物取引業保証協会の認証を受けなければならない。
4、Aの権利実行により、還付が為された場合は、Bは国土交通大臣から通知を受けてから、Cは甲県知事から通知を受けてから、それぞれ二週間以内に、不足額を供託しなければならない。



愛「これは何の問題かわかるな?」
建太郎「営業保証金と弁済業務保証金の違いを確認する問題だな」
愛「そうだ。即答しろ」


続きを読む

2017年11月27日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1−24 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、Aは、甲県の区域内に二つの支店を設けて宅地建物取引業を営もうとする場合、額面金額1000万円の地方債証券を供託して営業保証金に充てれば足りる。
2、家主Bは、居住用建物の賃貸の管理委託契約をAと締結していたが、Aが借主から収受した家賃を約束期日が過ぎてもBに支払わなかった。この場合、Bは、Aが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有する。
3、印刷業者Cは、Aが行う宅地建物の売買に関する広告の印刷依頼を受け、印刷物を作成し、納品したが、AがCに対しその代金を支払わなかった。この場合、CはAが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有する。
4、Aは、買主Dに対し土地付き建物の売買契約を締結する前に、営業保証金を供託した主たる事務所のもよりの供託所及びその所在地について、説明するようにしなければならない。



愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「おう」


続きを読む

2017年11月24日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1−23 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が本店と二つの支店を有する場合、Aの営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、Aは、新たに二つの支店を設置し、同時に一つの支店を廃止した時は、500万円の営業保証金を最寄りの供託所に供託し、業務を開始した後、遅滞なく、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
2、Aが二つの支店を廃止し、その旨の届出をしたときは、営業保証金の額が政令で定める額を超えることとなるので、その超過額1000万円について、公告をせずに直ちに、取り戻すことができる。
3、Aが、営業保証金を取り戻すために公告した時は、2週間以内にその旨を甲県知事に届け出なければならず、所定の期間内に債権の申出がなければ、その旨の証明書の交付を甲県知事に請求できる。
4、Aは、営業保証金の還付が為され、甲県知事から政令で定める額に不足が生じた旨の通知を受け、その不足額を供託した時は、二週間以内に甲県知事に届出なければならない。



愛「これも簡単だ!引っかかるなよ」
建太郎「おう」


続きを読む
スポンサードリンク