スポンサードリンク

2017年04月13日

宅建士試験過去問 権利関係 区分所有権 1−58 平成13年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、共用部分の全部について、持分割合を定める規約を設定することができる。
2、一部共用部分に関する事項で区分所有者全員の利害に関係しないものについての区分所有者全員の規約の設定、変更、又は廃止は、当該一部共用部分を共用すべき区分所有者全員の承諾を得なければならない。
3、管理者は、規約の定めまたは集会の決議があっても、その職務に関し区分所有者のために、原告又は被告となることができない。
4、管理者は少なくとも毎年一回集会を招集しなければならないが、集会は、区分所有者全員の同意がある時は、招集の手続きを経ないで開くことができる。


建太郎「これも条文を知っているかどうかだけで、決まる問題だよな」
胡桃「そうね。尤も、マンションに住んでいる人ならば、一般常識で解けないこともなくはないわ」
建太郎「いやあ……、俺も宅本タワーマンションの最上階に住んでいるけど、マンションの管理規約なんて読んだことないよ」
胡桃「何それ、さりげなく自慢しているわけ?俺が管理規約だ!みたいに思っているんでしょ?」
建太郎「そんなことないよ!」
続きを読む

2017年04月12日

宅建士試験過去問 権利関係 区分所有権 1−57 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、区分所有者が管理者を選任する場合は、集会の決議の方法で決することが必要で、規約によっても、それ以外の方法による旨定めることはできない。
2、建物の価格の二分の一以下に相当する部分が滅失した場合において、滅失した共用部分を復旧するときは、集会の決議の方法で決することが必要で、規約によっても、それ以外の方法による旨定めることはできない。
3、共用部分の変更(その形状または効用の著しい変更を伴わないものを除く)は、集会の決議の方法で決することが必要で、規約によっても、それ以外の方法による旨定めることはできない。
4、管理者をその職務に関し、区分所有者のために原告又は被告とする場合は、集会の決議の方法で決することが必要で、規約によっても、それ以外の方法による旨定めることはできない。


建太郎「うわっ。区分所有法の問題か。やっかいだよな」
胡桃「何がやっかいなのかしら」
建太郎「だって、条文を細かく覚えていないと解けないじゃん」
胡桃「逆にいえば、条文さえ覚えていれば、解けるということよ。得点源にすべきだわ。まず、1から見ていくわよ」

続きを読む

2017年04月11日

宅建士試験過去問 権利関係 共有 1−56 平成9年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



A及びBは、共有名義で宅地を購入し、共有持分の割合をAが三分の一、Bが三分の二と定めたが、持分割合以外には、特約をしなかった。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、Bは、Aの同意を得なければ、自己の持分を他に譲渡することはできない。
2、Bが自己の持分を放棄した時は、Aが単独所有となる。
3、Bは、その宅地の全部について、三分の二の割合で使用する権利を有する。
4、Bだけでなく、Aもその宅地の分割請求ができる。



建太郎「よっしゃ!今度は、俺でも三十秒もかからずに、正解を見つけられたぞ」
胡桃「簡単すぎる問題だわね。宅建では、条文レベルの問題で確実に得点することが合格への近道よ。基本をしっかりと押さえることね。というわけで、1から見ていくわよ」

続きを読む
スポンサードリンク