スポンサードリンク

2017年04月16日

宅建士試験過去問 権利関係 借地権 1−61 平成15年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



AがBに、A所有の甲地を建物の所有を目的として賃貸し、Bがその土地上に乙建物を新築し、所有している場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Bが乙建物につき、自己名義の所有権の保存の登記をしている場合は、甲地につき、賃借権の登記をしていない時でも、甲地をAから譲渡され、所有権移転登記を受けたCに対して、甲地の賃借権を対抗できる。
2、乙建物が滅失した場合でも、Bが借地借家法に規定する事項を甲地の上の見やすい場所に掲示した時は、Bは、甲地に賃借権の登記をしていなくても、滅失のあった日から2年間は、甲地をAから譲渡され、所有権移転登記を受けたDに対し、甲地の賃借権を対抗できる。
3、Bが乙建物をEに譲渡しようとする場合において、Eが甲地の賃借権を取得しても、Aに不利になるおそれがないにもかかわらず、Aがその賃借権の譲渡を承諾しない時は、Bは、裁判所にAの承諾に代わる許可をするように申し立てることができる。
4、Bが、乙建物を一年以上、自己所有しておらず、かつ、他人に譲渡しようとすることもない場合、Aは、裁判所に相当の対価の提供を条件として、自ら乙建物の譲渡及び甲地の賃借権の譲渡を受ける旨を申し立てることができる。



胡桃「いよいよ、権利関係のもう一つの重要法令、借地借家法の問題よ」
建太郎「民法と違って、条文を丸暗記すれば解けるから、楽だよな」
胡桃「そうね。ただ、単に丸暗記するだけでなく、理解することも大切よ。まず、1から見ていくわよ」


続きを読む

2017年04月15日

宅建士試験過去問 権利関係 組合 1−60 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



AはBと、それぞれ1000万円ずつ出資して、共同で事業を営むことを目的として、民法上の組合契約を締結した。この場合、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、AとBは、出資の価額が均等なので、損益分配の割合も均等に定めなければならない。
2、組合への出資金で不動産を購入し、組合財産とした場合、この組合財産は、総組合員の共有に属する。
3、組合財産たる建物の賃借人は、組合に対する賃料支払い義務と組合員たるAに対する債権とを相殺することができる。
4、組合に対し、貸付金債権を取得した債権者は、組合財産につき、権利行使できるが、組合員個人の財産に対しては権利行使できない。

胡桃「これは何の問題か分かるわね?」
建太郎「民法上の組合の問題だよね。というか、宅建で組合の問題が出題されるなんて珍しくない?」
胡桃「区分建物の管理組合について理解するために、民法の組合の知識が必要なのよ」
建太郎「なるほど、それで出題されるのか」


続きを読む

2017年04月14日

宅建士試験過去問 権利関係 区分所有権 1−59 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、共用部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の所有とすることができる。
2、専有部分であっても、規約で定めることにより、敷地利用権と分離して処分することができる。
3、構造上、区分所有者全員の共用に供されるべき建物の部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の専有部分とすることができる。
4、区分所有者の共有に属さない敷地であっても、規約で定めることにより、区分所有者の団体の管理の対象とすることができる。


建太郎「むむっ。簡単そうに見えて、ややこしい問題だな」
胡桃「そうかしら?条文を覚えているかどうかだけの問題よ。まず、1から見ていくわよ」

続きを読む
スポンサードリンク