スポンサードリンク

2017年10月08日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 2-23 平成28年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
2、高さ30メートルの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
3、準防火地域内においては、延べ面積が2000平方メートルの共同住宅は、準耐火建築物としなければならない。
4、延べ面積が1000平方メートルを超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって、有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1000平方メートル以内としなければならない。



美里「これも数字を覚えていればいいだけの簡単な問題だよ」
建太郎「ああ。でも、ちょっと混乱するなあ……」
美里「何度もテキストを見直して、頭に叩き込んでよね」


続きを読む

2017年10月07日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 2-22 平成27年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、エレベーターの昇降路の部分又は共同住宅の共用の廊下若しくは階段の用に供する部分の床面積は、一定の場合を除き、算入しない。
2、建築物の敷地が建ぺい率に関する制限を受ける地域又は、区域の2以上にわたる場合においては、当該建築物の建ぺい率は、当該各地域又は区域内の建築物の建ぺい率の限度の合計の二分の一以下でなければならない。
3、地盤面下に設ける建築物については、道路内に建築することができる。
4、建築協定の目的になっている建築物に関する基準が、建築物の借主の権限に係る場合においては、その建築協定については、当該建築物の借主は、土地の所有者等とみなす。



美里「これも簡単だね」
建太郎「ああ。俺でもすぐに答えが分かったよ」
美里「このレベルの問題が平成27年に出されているんだよ。この問題を落としたら、合格が遠のくよ」


続きを読む

2017年10月06日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 2-21 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、店舗の用途に供する建築物で、当該用途に供する部分の床面積の合計が、10000平方メートルを超えるものは、原則として工業地域内では、建築することができない。
2、学校を新築しようとする場合には、法第48条の規定による用途制限に適合するとともに、都市計画により敷地の位置が決定されていなければ、新築することができない。
3、特別用途地区内においては、地方公共団体は、国土交通大臣の承認を得て条例で、法第48条の規定による建築物の用途制限を緩和することができる。
4、都市計画において定められた建ぺい率の限度が10分の8とされている地域外で、かつ、防火地域内にある耐火建築物の建ぺい率については、都市計画において定められた建ぺい率の数値に10分の1を加えた数値が限度となる。



建太郎「むむっ。よくわからない選択肢もあるな」
美里「それでも消去法で、答えを見つけることはできるはずだよ」


続きを読む
スポンサードリンク