スポンサードリンク

2018年04月06日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業者自ら売主となる売買契約 2-32 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが自ら売主として、宅地建物取引業者ではない買主Bとの間で宅地の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。

1、Aが瑕疵担保責任を負う期間を売買契約に係る宅地の引き渡しの日から3年間とする特約は無効である。
2、Aは、Bに売却予定の宅地の一部に、甲市所有の旧道路敷が含まれていることが判明したため、甲市に払い下げを申請中である。この場合、Aは、重要事項説明書に払下げ申請書の写しを添付し、その旨をBに説明すれば、売買契約を締結することができる。
3、手付放棄による契約の解除は、契約締結後、30日以内に限る旨の特約を定めた場合、契約締結後、30日を経過した時は、Aが、契約の履行に着手していなかったとしても、Bは、手付を放棄して契約の解除をすることができない。



愛「これも簡単な問題だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年04月05日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業者自ら売主となる売買契約 2-31 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが自ら売主として、締結する建築工事完了後の新築分譲マンション(代金3000万円)の売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。

1、A社は、宅地建物取引業者である買主Bとの当該売買契約の締結に際して、当事者の債務不履行を理由とする契約解除に伴う損害賠償の予定額を1000万円とする特約を定めることができない。
2、A社は、宅地建物取引業者ではない買主Cとの当該売買契約の締結に際して、当事者の債務不履行を理由とする契約解除に伴う損害賠償額の予定額300万円に加え、違約金を600万円とする特約を定めたが、違約金についてはすべて無効である。
3、A社は、宅地建物取引業者ではない買主Dとの当該売買契約の締結に際して、宅地建物取引業法41条の2の規定による手付金等の保全措置を講じた後でなければ、Dから300万円の手付金を受領することができない。



愛「これも簡単な問題だ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年04月04日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 クーリング・オフ 2-30 平成26年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法37条の2の規定に基づき、クーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aは、喫茶店でBから買い受け申し込みを受け、その際に、クーリング・オフについて書面で告げたうえで、契約を締結した。その7日後に、Bから契約解除の書面を受けた場合、Aは、代金全部の支払いを受け、当該宅地をBに引き渡していても、契約の解除を拒むことができない。
2、Aは、Bが指定した喫茶店でBから買い受けの申し込みを受け、Bにクーリングオフについて、何も告げずに、契約を締結し、7日が経過した。この場合、Bが指定した場所で契約を締結しているので、Aは、契約の解除を拒むことができる。
3、Bは、Aの仮設のテント張りの案内所で買い受けの申し込みをし、その3日後に、Aの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられたうえで、契約を締結した。この場合、Aの事務所で契約を締結しているので、Bは契約の解除ができない。
4、Bは、Aの仮設テント張りの案内所で買い受けの申し込みをし、Aの事務所でクーリング・オフについて書面で告げられたうえで契約を締結した。この書面の中で、クーリング・オフによる契約解除ができる期間を14日間としていた場合、Bは、契約締結後から、10日後であっても、契約解除ができる。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む
スポンサードリンク