スポンサードリンク

2018年02月02日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 免許の取り消し 1−75 平成6年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


甲県知事の免許を受けた宅地建物取引業者Aの免許の取り消しに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Aの役員の一人が宅地建物取引業法の規定に違反し、罰金刑に処せられたときは、甲県知事は、Aの免許を取り消さなければならない。
2、Aが乙県内で業務に関し、不正又は著しく不当な行為をしても、乙県知事はAの免許を取り消すことができない。
3、Aが免許を受けてから1年以内に事業を開始しない場合において、Aに相当の理由があるときは、甲県知事は、Aの免許を取り消すことができない。
4、甲県知事は、Aが不正の手段により免許を取得したとして、その免許を取り消したときは、その旨を甲県公報等に公告しなければならない。



愛「これも条文を覚えているかどうかだけの簡単すぎる問題だ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年02月01日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業務上の規制 1−74 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者A社に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、A社は、宅地の売買の専任媒介契約を締結し、指定流通機構に登録を行った物件について売買契約が成立した場合は、遅滞なく、その旨を指定流通機構に通知しなければならず、当該通知を怠ったときは、指示処分を受けることがある。
2、A社は、業務上知りえた秘密について、正当な理由がある場合でなければ、他にこれを漏らしてはならないが、A社の従業員についても、専任の取引士であるか否かにかかわらず、同様に秘密を守る義務を負う。
3、A社が自ら3000万円の宅地の売主となる場合、手付金の保全措置を講じれば、宅地の引渡し前に手付金として、900万円を受領することができる。
4、A社がその事務所ごとに備えることとされている帳簿の記載は、一定の期間ごとではなく、宅地建物取引業に関し取引のあった都度、一定の事項を記載しなければならないこととされている。



愛「これも条文を覚えているかどうかだけの問題だ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年01月31日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業務上の規制 1−73 平成13年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


次の行為のうち、宅地建物取引業者がしてはならないこととして、宅地建物取引業法で禁止されているものはいくつあるか。

1、正当な理由なしに業務上取り扱ったことについて知りえた秘密を他に漏らすこと。
2、自己の所有に属しない宅地又は建物について、宅地建物取引業法で定める一定の場合を除いて、自ら売主となる売買の予約を締結すること。
3、宅地又は建物の賃貸の媒介にあたって、その媒介に係る取引の当事者双方と媒介契約を締結すること。
4、宅地又は建物の売買、交換、賃貸の代理又は媒介に関して、国土交通省大臣の定める額を超えて報酬を受け取ること。



建太郎「むっ。個数問題か」
愛「こんなレベルの問題が個数問題になったところで難しくないぞ。即答しろ」


続きを読む
スポンサードリンク