スポンサードリンク

2017年08月20日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 1−23 平成15年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、市町村は、地区計画の地区整備計画が定められている区域内において、条例で、建築基準法第48条の建築物の用途制限を強化または緩和することができる。
2、建築協定においては、建築協定区域内における建築物の用途に関する基準を定めることができない。
3、都市計画区域及び準都市計画区域以外の区域内において、地方公共団体は、建築物の用途に関する制限を条例で定めることができない。
4、第一種低層住居専用地域において、建築することができる用途の建築物については、第二種低層住居専用地域においても、建築することができる。



美里「これも、基本的な条文をサラッと撫でているだけの簡単な出題だね」
建太郎「むむっ……。そうか?俺にとっては難しいよ……」
美里「だとしたら、勉強不足だよ」


続きを読む

2017年08月19日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 1−22 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、建築物の敷地が第一種住居地域と近隣商業地域にわたる場合、当該敷地の過半が近隣商業地域である場合は、その用途について、特定行政庁の許可を受けなくても、カラオケボックスを建築することができる。
2、建築物が第二種低層住居専用地域と第一種住居地域にわたる場合、当該建築物の敷地の過半が第一種住居地域にある時は、北側斜線制限が適用されることはない。
3、建築物の敷地が都市計画により定められた建築物の容積率の限度が異なる地域にまたがる場合、建築物が一方の地域内にのみ建築される場合であっても、その容積率の限度は、それぞれの地域の属する敷地の部分の割合に応じて按分計算により算出された数値となる。
4、建築物が防火地域及び準防火地域にわたる場合、建築物が防火地域外で防火壁により区画されている時は、その防火壁外の部分については、準防火地域の規制に適合させればよい。



美里「今日から建築基準法に入るよ」
建太郎「都市計画法と並ぶ、法令上の制限のもう一つの山だな」
美里「条文を覚えていれば解ける簡単な問題ばかりだけどね」


続きを読む

2017年08月18日

宅建士試験過去問 法令上の制限 都市計画法 1−21 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建築物の建築の制限に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば誤っているものはどれか。

1、都市計画施設の区域内において、建築物の建築を行おうとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。
2、市街地開発事業の施行区域内において建築物の建築を行おうとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。
3、地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められている区域内において、建築物の建築を行おうとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。
4、都市計画事業の認可等の告示があった後に、当該事業地内において、都市計画事業の施行の障害となるおそれのある建築物の建築を行おうとする者は、一定の場合を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「ああ。俺でもあっさり答えが分かったよ」


続きを読む
スポンサードリンク