スポンサードリンク

2017年12月11日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1−34 平成13年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者が、その業務に関して行う次の広告のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものは、いくつあるか。

1、都市計画法による市街化調整区域内の土地について、「近々、市街化区域と市街化調整区域との区分(線引き)を定めることが都道府県の義務でなくなる」と記載し、当該土地について、すぐにでも、市街化区域に変更されるがごとく表示して広告すること。
2、定期建物賃貸借を媒介する場合に、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明において、期間の定めがない旨の広告を行うこと。
3、建築に関する工事の完了前において、建築基準法第6条第1項の確認を受ける必要のある建物について、その確認の申請後、確認を受ける前に当該確認を受けることができるのは確実である旨表示して、当該建物の分譲の広告をすること。
4、競売開始決定がなされた自己の所有に属しない宅地について、裁判所による競売の公告が為された後、入札前に、自ら売主として、宅地建物取引業者でない者と当該宅地の売買契約を締結すること。



建太郎「これは変わった形の出題だな」
愛「個数問題だ。選択肢の一つ一つの正誤を正確に判断できなければ正解できないため、やや難しいな。もっとも、基本的な問題だから、間違えることはないだろう。即答しろ」


続きを読む

2017年12月08日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1−33 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Aは、宅地の売買に係る広告において、当該宅地に関する都市計画第29条の許可を受けていれば、当該造成工事に係る検査済証の交付を受けていなくても、当該広告を行うことができる。
2、Aは、未完成の土地付き建物の販売依頼を受け、その広告を行うにあたり、当該広告印刷時には、取引態様の別が未定であるが、配布時には決定している場合、取引態様の別を明示しない広告を行うことができる。
3、Aは、土地付き建物の売買価格について、建物売買に係る消費税額(地方消費税を含む)を含む土地付き建物売買価格のみを表示し、消費税額を明示しない広告を行うことができる。
4、Aは、賃貸物件の媒介の広告を行うにあたり、実在しない低家賃の物件の広告を出した。Aは、業務停止処分を受けることがある。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2017年12月07日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1−32 平成10年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地の売買に関して宅地建物取引業者A(甲県知事)が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Aは、実在しない宅地について広告することはできず、また、宅地が実在しても、実際に取引する気のない宅地について広告することができない。
2、AがBから宅地を購入するため、交渉中であり、Aが購入後、売主として売買するか、又は媒介してBの宅地を売買するか未定であるとき、Aは取引態様の別を明示することなく、当該宅地の売買に関する広告をすることができる。
3、Aは、広告中の購入代金に関する融資のあっせんに関し、その融資の利息の利率について、アド・オン方式で表示したとき、その旨を明示したとしても、年利建ての実質金利を付記しなければ、広告することができない。
4、Aが、宅地建物取引業法第33条に規定する広告の開始時期の制限に違反した場合、甲県知事は、Aに対して、必要な指示をすることができ、Aがその指示に従わないときは、業務停止処分をすることができる。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「お、おう……」


続きを読む
スポンサードリンク