スポンサードリンク

2017年06月24日

宅建士試験過去問 権利関係 相隣関係 2−29 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


甲土地の所有者Aが他人の所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは公道に出るために甲土地を囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
2、甲土地が共有物分割によって、公道に通じなくなった場合、Aは、公道に出るために、通行の償金を支払うことなく、他の分割者の土地を通行することができる。
3、甲土地が公道に通じているか否かにかかわらず、他人が所有している土地を通行するために当該土地の所有者と賃貸借契約を締結した場合、Aは当該土地を通行することができる。
4、甲土地の隣接地の所有者が自らが使用するために当該隣接地内に通路を開設し、Aもその通路を利用し続けると、甲土地が公道に通じていない場合は、Aは、隣接地に関して時効によって通行地役権を取得することがある。



胡桃「これは何を問う問題か分かるわね?」
建太郎「相隣関係だよな。あのやたらと難しい漢字の囲繞地通行権についての問題だ」
胡桃「問題になっているのは、囲繞地通行権だけではないわよ。他人の土地を通行するための三つの権利について問うているのよ。分かるわよね?」

続きを読む

2017年06月23日

宅建士試験過去問 権利関係 連帯債務・保証 2−28 平成20年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


AからBとCとが負担部分二分の一として連帯して1000万円を借り入れる場合と、DからEが1000万円を借り入れ、Fが借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、AがBに対して、債務を免除した場合にはCが、Cに対して債務を免除した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。DがEに対して債務を免除した場合にはFが、Fに対して債務を免除した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。
2、Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。Dが、Eに対して履行を請求した効果はFに及び、Fに対して履行を請求した効果はEに及ぶ。
3、Bについて時効が完成した場合にはCが、Cについて時効が完成した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。Eについて時効が完成した場合にはFが、Fについて時効が完成した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。
4、AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1000万円の債務を負う。DE間の契約が無効であった場合はFが、DF間の契約が無効であった場合にはEが、それぞれ、1000万円の債務を負う。



建太郎「やたらと設定がごちゃごちゃと書かれていて、概要を把握するのが大変だよな。めちゃめちゃ、時間を取られるよ」
胡桃「そうかしら?でも、問われている内容は基本的なレベルよ。合格ラインに達している人ならば、三十秒もあれば、答えが分かるわ」
建太郎「まじか!」
胡桃「まずは、連帯債務と連帯保証の違いについて確認しておくわよ」
続きを読む

2017年06月21日

宅建士試験過去問 権利関係 保証 2−27 平成22年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


保証に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば誤っているものはどれか。

1、保証人となるべき者が、主たる債務者と連絡を取らず、同人からの委託を受けないまま債権者に対して保証したとしても、その保証契約は有効に成立する。
2、保証人となるべき者が、口頭で明確に特定の債務につき保証する旨の意思表示を債権者に対してすれば、その保証契約は有効に成立する。
3、連帯保証ではない場合の保証人は、債権者から債務の履行を請求されても、まず主たる債務者に催告すべき旨を債権者に請求できる。ただし、主たる債務者が破産手続き開始の決定を受けた時、又は行方不明である時は、この限りではない。
4、連帯保証人が二人いる場合、連帯保証人間に連帯の特約がなくとも、連帯保証人は各自全額につき保証責任を負う。


建太郎「これはまるで、平成一ケタ年代の問題みたいな出題だわね」
胡桃「ああ。簡単すぎるよな。こういう問題ばかりだったら楽なんだけどなあ」
建太郎「簡単な問題ばかり出るということは、合格ラインが上がるということよ40点。8割とっても合格できないかもしれないわよ」
胡桃「そりゃ困る!」


続きを読む
スポンサードリンク