スポンサードリンク

2017年04月22日

宅建士試験過去問 権利関係 使用貸借 1−67 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



Aは、自己所有の建物について、災害により居住建物を失った友人Bと、適当な家屋が見つかるまで、一時的住居とするとの約定のもとに、使用貸借契約を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1、Bが死亡した場合、使用貸借契約は当然に終了する。
2、Aがこの建物をCに売却し、その旨の所有権移転登記を行った場合でも、Aによる売却前にBがこの建物の引き渡しを受けていたときは、Bは使用貸借契約をCに対抗できる。
3、Bは、Aの承諾がなければ、この建物の一部を、第三者に対して使用収益させることはできない。
4、適当な家屋が現実に見つかる以前であっても、適当な家屋を見つけるのに必要と思われる客観的な期間を経過した場合は、AはBに対し、この建物の返還を請求することができる。



胡桃「この問題が何を問う出題か分かるわね」
建太郎「使用貸借だね。賃貸借とは少し違う制度だった」
胡桃「まずは、賃貸借と使用貸借の条文からチェックするわよ」

続きを読む

2017年04月20日

宅建士試験過去問 権利関係 借家権 1−66 平成17年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



動産の賃貸借契約と建物の賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取り壊し予定の建物の賃貸借及び同法40条に規定する一時使用目的の建物の賃貸借を除く。)に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、動産の賃貸借契約は、当事者の合意があれば、書面により契約を締結しなくても効力が生じるが、建物の賃貸借は書面により契約を締結しなければ無効である。
2、賃貸人と賃借人との間で別段の合意をしない限り、動産の賃貸借契約の賃貸人は賃貸物の使用収益に必要な修繕を行う義務を負うが、建物の賃貸借契約の賃貸人は、そのような修繕を行う義務を負わない。
3、動産の賃貸借契約は、賃貸人と賃借人が合意して契約期間を6か月と定めれば、その通りの効力を有するが、建物の賃貸借契約は、賃貸人と賃借人が合意して、6か月と定めても、期間を定めていない契約とみなされる。
4、契約期間を定めた場合、賃借人は、動産の賃貸借契約である場合は、期間内に解約を行う権利を留保することができるが、建物の賃貸借契約である場合は、当該権利を留保することはできない。


胡桃「ごちゃごちゃと書いてある割には、簡単な問題よね。答えは一読しただけで分かるわ」
建太郎「うーん。そうだな。カッコ書きの借地借家法云々は、借地借家法を考慮しないという意味ではないんだよな?」
胡桃「定期借家契約に関する条文だと書かれているでしょ。それ以外の条文はもちろん考慮して解きなさいということよ。というわけで1から見ていくわよ」


続きを読む

2017年04月19日

宅建士試験過去問 権利関係 借家権 1−65 平成14年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


建物賃貸借契約の終了に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば正しいものはどれか。

1、期間の定めのある建物賃貸借において、賃貸人が、期間満了の一年前から六か月前までの間に、更新しない旨の通知を出すのを失念したときは、賃貸人に借地借家法28条に定める正当事由がある場合でも、契約は期間満了により終了しない。
2、期間の定めのある建物賃貸借において、賃貸人が、期間満了の10月前に更新しない旨の通知を出した時で、その通知に借地借家法28条に定める正当事由がある場合は、期間満了後、賃借人が使用を継続していることについて、賃貸人が異議を述べなくても、契約は期間満了により終了する。
3、期間の定めのある契約が法定更新された場合、その後の契約は従前と同一の条件となり、従前と同一の期間の定めのある賃貸借契約となる。
4、期間の定めのない契約において、賃貸人が解約の申し入れをしたときで、その通知に借地借家法28条に定める正当事由がある場合は、解約の申し入れの日から三月を経過した日に、契約は終了する。


建太郎「ええっと……。借地借家法28条ってどんな規定だったっけ?」
胡桃「あら。重要な条文でしょ。もしかして、忘れたの?」
建太郎「問題文を読めば、何となく思い出せるような気がするんだけど……、ええっと……」
胡桃「ちょっと!しっかりしなさいよね!」

続きを読む
スポンサードリンク