スポンサードリンク

2018年04月16日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 瑕疵担保責任 2-38 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業者A社が自ら売主として、建物の売買契約を締結する際の特約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはどれか。

1、当該建物が新築戸建住宅である場合、宅地建物取引業者でない買主Bの売買を代理する宅地建物取引業者C社との間で、当該売買契約締結を行うに際して、A社が当該住宅の瑕疵担保責任を負う期間についての特約を定めないこと。
2、当該建物が中古建物である場合、宅地建物取引業者である買主Dとの間で、「中古建物であるため、A社は、瑕疵担保責任を負わない」旨の特約を定めること。
3、当該建物が中古建物である場合、宅地建物取引業者でない買主Eとの間で、「A社が瑕疵担保責任を負う期間は、売買契約締結の日にかかわらず、引き渡しの日から、2年間とする」旨の特約を定めること。
4、当該建物が新築戸建住宅である場合、宅地建物取引業者でない買主Fとの間で、「Fは、A社が瑕疵担保責任を負う期間内であれば、損害賠償の請求をすることができるが、契約の解除をすることができない」旨の特約を定めること。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年04月13日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業者自ら売主となる売買契約 2-37 平成27年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物(代金2400万円)の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。


1、Aは、Bとの間における建物の売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約解除に伴う損害賠償の予定額を480万円とし、かつ、違約金の額を240万円とする特約を定めた。この場合、当該特約は全体として無効となる。
2、Aは、Bとの間で締結する建物売買契約の際に、原則として、480万円を超える手付金を受領することができない。ただし、あらかじめ、Bの承諾を得た場合に限り、720万円を限度として、480万円を超える手付金を受領できる。
3、AがBとの間で締結する売買契約の目的物たる建物が未完成であり、AからBに所有権の移転登記が為されていない場合において、手付金の額が120万円以下である場合は、Aは、手付金の保全措置を講じることなく、手付金を受領することができる。



愛「これも基本的な問題だ。即答しろ」
建太郎「おう」


続きを読む

2018年04月12日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 業者自ら売主となる売買契約 2-36 平成27年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地建物取引業者Aが自ら売主となる売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、宅地建物取引業者でない買主Bが、法第37条の2の規定に基づく、クーリング・オフについて、Aより書面で告げられた日から7日目に、クーリング・オフによる契約解除の書面を発送し、9日目にAに到達した場合、クーリング・オフによる契約解除をすることができない。
2、宅地建物取引業者でない買主Cとの間で、土地付き建物の売買契約を締結するにあたって、Cが建物を短期間使用後、取り壊す予定である場合は、建物について瑕疵担保責任を負わない旨の特約を定めることができる。
3、宅地建物取引業者Dとの間で締結した建築工事完了前の建物の売買契約において、当事者の債務不履行を理由とする契約解除の損害賠償の予定額を代金の額の30%と定めることができる。
4、宅地建物取引業者でない買主Eとの間で締結した宅地の売買契約において、当該宅地の引き渡しを当該売買契約締結の日の1月後とし、当該宅地の瑕疵を担保すべき責任を負う期間について、当該売買契約を締結した日から、2年間とする特約を定めることができる。



愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

続きを読む
スポンサードリンク