スポンサードリンク

2017年10月16日

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 2-31 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問いにおいて、都道府県知事とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市にあっては、その長をいうものとする。

1、宅地造成工事規制区域内において、宅地造成に関する工事を行う場合、宅地造成に伴う災害を防止するために行う高さ4メートルの擁壁の設置に係る工事については、政令で定める資格を有する者の設計によらなければならない。
2、宅地造成工事規制区域内において行われる切土であって、当該切土をする土地の面積が600平方メートルで、かつ、高さ1.5メートルの崖を生じることとなるものに関する工事については、都道府県知事の許可が必要である。
3、宅地造成工事規制区域内において行われる盛土であって、当該盛土をする土地の面積が300平方メートルで、かつ、高さ1.5メートルの崖を生じることとなるものに関する工事については、都道府県知事の許可が必要である。
4、都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地について、宅地造成に伴う災害防止のために、必要があると認める場合においては、その宅地の所有者、管理者、占有者、造成主又は工事施行者に対して、擁壁の設置等の措置をとることを勧告することができる。



美里「これは基本的な問題だよね」
建太郎「むむっ……。細かい数字を覚えていないと解けない問題だよな」
美里「数字を覚えることは、法令上の制限の基本だよ」

続きを読む

2017年10月15日

宅建士試験過去問 法令上の制限 宅地造成等規制法 2-30 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問いにおいて、都道府県知事とは、地方自治法に基づく、指定都市、中核市にあっては、その長をいうものとする。

1、宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事が完了した場合、造成主は、都道府県知事の検査を受けなければならない。
2、宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事について、許可をする都道府県知事は、当該許可に、工事の施行に伴う災害を防止するために必要な条件を付することができる。
3、都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内における宅地の所有者、管理者または、占有者に対して、当該宅地又は当該宅地において行われている工事の状況について、報告を求めることができる。
4、都道府県知事は、関係市町村長の意見を聞いて、宅地造成工事規制区域内で、宅地造成に伴う災害で相当数の居住者その他の者に危害を生ずるものの発生のおそれが大きい一団の造成宅地の区域であって、一定の基準に該当するものを、造成宅地防災区域として指定することができる。



美里「これも簡単な問題だね」
建太郎「むむっ……。ちょっと待て、どれも正しいように見えるけど」
美里「そう?ものすごく基本的な事が答えになっているよ。よーく読んでよね」


続きを読む

2017年10月14日

宅建士試験過去問 法令上の制限 土地区画整理法 2-29 平成28年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、施行者は、換地処分を行う場合において、換地計画に基づき、換地処分を行うため、必要がある場合においては、施行区域内の宅地について、仮換地を指定することができる。
2、仮換地が指定された場合においては、従前の宅地について、権原に基づき使用し、又は、収益することができる者は、仮換地の指定の効力発生の日から換地処分の公告がある日まで、仮換地について、従前の宅地について有する権利の内容である使用又は収益と同じ使用又は収益をすることができる。
3、施行者は、仮換地を指定した場合において、特別の事情があるときは、その仮換地について、使用又は収益を開始することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定めることができる。
4、土地区画整理組合の設立の認可の公告があった日後、換地処分の公告がある日までは、施行地区内において、土地区画整理事業の施行の障害となるおそれのある土地の形質の変更を行おうとする者は、当該土地区画整理組合の許可を受けなければならない。



美里「これも、条文そのままの出題だよ」
建太郎「ああ。俺でも答えがすぐに分かったよ」


続きを読む
スポンサードリンク