スポンサードリンク

2018年07月03日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 総合問題 2-56 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

1、不当な履行遅延の禁止は、宅地建物の登記、引き渡し、取引にかかる対価の支払いを対象とするのみである。
2、宅地建物取引業者は、個人情報保護に関する法律第2条3項に規定する個人情報取扱事業者に該当しない場合、業務上取り扱った個人情報について、正当な理由なく他に漏らしても、秘密を守る義務に違反しない。
3、宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、従業者名簿を備えなければならず、当該名簿については、最終の記載をした日から、10年間保存しなければならない。
4、宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備えなければならず、帳簿の閉鎖後、5年間(当該宅地建物取引業者が自ら売り主となる新築住宅に係るものにあっては、10年間)当該帳簿を保存しなければならない。



愛「これも、条文を知っているかどうかだけの問題だ」
建太郎「おう」

続きを読む

2018年06月26日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士 2-55 平成25年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


宅地建物取引業法に規定する宅地建物取引士登録、取引士、宅地建物取引士証に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、登録を受けている者は、登録事項に変更があった場合は、変更の登録申請を、また、破産者となった場合はその旨の届出を遅滞なく、登録している都道府県知事に行わなければならない。
2、宅地建物取引士証の交付を受けようとする者(宅地建物取引士資格試験合格日から1年以内の者又は登録の移転に伴う者を除く)は、都道府県知事が指定した講習を、交付申請の90日前から30日前までに受講しなければならない。
3、宅地建物取引業法第35条に規定する事項を記載した書面への記名押印及び同法第37条の規定により交付すべき書面への記名押印については、専任の取引士でなければ、行ってはならない。
4、取引士は、事務禁止の処分を受けた場合、宅地建物取引士証をその交付を受けた都道府県知事に速やかに提出しなければならないが、提出しなかったときは、10万円以下の過料に処せられることがある。




愛「これも条文を覚えているかどうかだけ問題だ」
建太郎「おう」
続きを読む

2018年06月21日

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 取引士 2-54 平成24年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



取引士に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、宅地建物取引業者Aは、その主たる事務所に従事する唯一の専任の取引士が退職した場合は、30日以内に新たな専任の取引士を設置しなければならない。
2、宅地建物取引業者Bは、10戸の一団の建物の分譲の代理を案内所を設置して行う場合、当該案内所に従事する者が6名であるときは、当該案内所に少なくとも、2名の専任の取引士を設置しなければならない。
3、宅地建物取引業者C(甲県知事免許)の主たる事務所の専任の取引士Dが死亡した場合、当該事務所に従事する者17名に対し、専任の取引士が4名設置されていれば、Cが甲県知事に届出する事項はない。
4、宅地建物取引業者E(甲県知事免許)の専任の取引士であるF(乙県知事登録)は、Eが媒介した丙県内の建物の売買に関する取引において取引士として行う事務に著しく不当な行為をした場合、丙県知事による事務禁止の処分の対象となる。



愛「これも条文を知っているかどうかだけの問題だぞ」
建太郎「おう」

続きを読む
スポンサードリンク