スポンサードリンク

2017年08月23日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 1−26 平成16年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、準防火地域内においては、延べ面積が1200平方メートルの建築物は、耐火建築物としなければならない。
2、木造三階建て、延べ面積500平方メートル、高さ15メートルの一戸建て住宅について大規模の修繕をする場合は、建築確認を受ける必要はない。
3、特定行政庁は、仮設店舗について、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認める場合には、一定の場合を除き、一年以内の期間を定めて、その建築を許可することができる。
4、居室を有する建築物は、住宅等の特定の用途に供する場合に限って、その居室内においてホルムアルデヒド及びクロルピリホスの発散による衛生上の支障がないよう、建築材料及び換気設備について、一定の技術基準に適合するものとしなければならない。



建太郎「むむっ……。いろいろな分野から寄せ集めた問題だな」
美里「そうだよ。条文をしっかり、読み込んでいれば解ける問題だよ」
建太郎「やっぱり、条文を正確に覚えろってことだな。あいまいな知識では太刀打ちできない」

続きを読む

2017年08月22日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 1−25 平成12年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。


建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、道路法による道路は、すべて建築基準法による道路に該当する。
2、建築物の敷地は、必ず幅員4メートル以上の道路に2メートル以上接しなければならない。
3、地方公共団体は道路の状況等により必要な場合は、建築物の敷地と道路との関係について、建築基準法に規定された制限を、条例で緩和することができる。
4、地盤面下に設ける建築物については、道路内に建築することができる。



美里「これも条文を読んでいるかどうかだけの問題だよ」
建太郎「ちょっと待て。確かに簡単なのかもしれないけど、うろ覚えだよ。ええっと……」
美里「この程度の問題。合格者ならば、瞬時に答えを出せるよ」


続きを読む

2017年08月21日

宅建士試験過去問 法令上の制限 建築基準法 1−24 平成14年 / ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版

PRノベル時代はライトノベル、時代小説を読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトです。息抜きに軽く読める小説がたくさんありますよ

ライトノベル小説で学ぶ宅建士(宅地建物取引士、旧:宅地建物取引主任者)試験 過去問版は、小説投稿サイト『小説家になろう(http://ncode.syosetu.com/n3661dt/)』でもお読みいただけます。



建築基準法第48条に規定する用途規制に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

1、第一種低層住居専用地域では、小学校は建築できるが、中学校は建築できない。
2、第一種住居地域ではホテル(床面積計3000平方メートル以下)は建築できるが、映画館は建築できない。
3、近隣商業地域ではカラオケボックスは建築できるが、料理店は建築できない。
4、工業地域では、住宅は建築できるが、病院は建築できない。



美里「どの用途地域に何が建てられるかに関する問題だね」
建太郎「ああ。別表第二を覚えているかどうかだよな」
美里「でも、幸いにしてこの問題は、別表第二を覚えていなくても解けるよね」

続きを読む
スポンサードリンク