2019年08月22日

行政法1−69 情報公開法 行政書士試験過去問 2006年問26

Aは、行政庁Bに対して、情報公開法に基づいて、行政文書の情報公開請求を行ったが、BがAの請求に対して、一部不開示決定をした。Aは、異議申し立てか情報公開訴訟を検討している。
次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、異議申し立てに対して、Bは、当初の一部開示処分は誤りであり、全部不開示とするのが妥当と判断した。この場合は、Bは当初の一部開示決定を取り消して、全部を不開示とする決定を行うことが出来る。

2、Aは、異議申し立てを提起するか、取消訴訟を提起するかを自由に選択することができるが、一旦異議申し立てを行った場合は、異議申し立ての結論が出るまで、取消訴訟を提起できない。

3、非公開決定の取り消し訴訟において、当該行政文書が書証として提出された場合は、非公開決定の取り消しを求める訴えの利益は消滅する。

4、行政文書の開示請求権は、Aの一身に専属する権利とは言えないので、Aの死亡後も、当該行政文書の非公開決定の取り消しを求める訴えの利益は消滅しない。

5、Bは、非公開決定理由書において、付記された理由以外の理由を取消訴訟段階で主張することも認められる。


建太郎「むむっ。これは難しくないか」
胡桃「基本的な判例を知っているかどうかの問題だわ」

胡桃「まず、1はどうかしら」
建太郎「不利益変更禁止の原則に反するよな」
胡桃「そうね。条文を確認しておくわよ」

行政不服審査法
(不利益変更の禁止)
第四十八条 第四十六条第一項本文又は前条の場合において、審査庁は、審査請求人の不利益に当該処分を変更し、又は当該事実上の行為を変更すべき旨を命じ、若しくはこれを変更することはできない。

胡桃「2はどうかしら」
建太郎「間違いだな。同時並列も認められていると」

行政事件訴訟法
(処分の取消しの訴えと審査請求との関係)抜粋
第八条 処分の取消しの訴えは、当該処分につき法令の規定により審査請求をすることができる場合においても、直ちに提起することを妨げない。ただし、法律に当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ処分の取消しの訴えを提起することができない旨の定めがあるときは、この限りでない。

胡桃「ちなみに訴訟提起がなされても訴訟手続を中止が出来る点を押さえておいてね」
建太郎「おう。3項だな」

行政事件訴訟法
(処分の取消しの訴えと審査請求との関係)抜粋
第八条
3 第一項本文の場合において、当該処分につき審査請求がされているときは、裁判所は、その審査請求に対する裁決があるまで(審査請求があつた日から三箇月を経過しても裁決がないときは、その期間を経過するまで)、訴訟手続を中止することができる。

胡桃「3はどうかしら」
建太郎「うーん。これはおかしいよな」
胡桃「判例だから押さえておくのよ」

愛知県公文書公開条例(昭和61年愛知県条例第2号)に基づき公開請求された公文書の非公開決定の取消訴訟において,当該公文書が書証として提出された場合であっても,上記決定の取消しを求める訴えの利益は消滅しない。(最判平成14年2月28日)

建太郎「うん。訴えの利益は消滅しない。と」
胡桃「4はどうかしら」
建太郎「うーん。これは間違いかな」
胡桃「判例を確認するわよ」

旧鹿児島県情報公開条例(昭和63年鹿児島県条例第4号。平成12年鹿児島県条例第113号による全部改正前のもの)に基づき開示請求された公文書の非開示処分の取消訴訟は,原告の死亡により,当然に終了する。(最判平成16年2月24日)

建太郎「ということは、一身専属的な権利なんだな」
胡桃「そうよ。5はどうかしら」
建太郎「別に認めていいんじゃないの」
胡桃「これも判例よ」

一たび通知書に理由を付記した以上、実施機関が当該理由以外の理由を非公開決定処分の取消訴訟において主張することを許さないものとする趣旨をも含むと解すべき根拠はないとみるのが相当である。(最判平成11年11月19日)

建太郎「うん。認められるんだな」
胡桃「ということで答えは」
建太郎「正しいのは、5だな」



建太郎&胡桃コンビが登場する楽しい教材はこちらです。


 公務員試験、行政書士試験の最重要科目、行政法がライトノベル風テキストでスラスラと読める!
 行政法を全く知らない。あるいは、行政法でつまづいている。
 そんな方でも、独学で、合格できるレベルに達することができます。




1、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法入門 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

2、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法総論 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

3、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政手続法・情報公開法・行政機関個人情報保護法【電子書籍】[ 判例六法ラノベ化プロジェクト ](楽天版)
【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政手続法・情報公開法・個人情報保護法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))(アマゾン版)

4、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政不服審査法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

5、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法1 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

6、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法2 国家賠償法【電子書籍】[ 判例六法ラノベ化プロジェクト ](楽天版)
【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法2 国家賠償法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))(アマゾン版)

7、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法7 行政手段論 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))