スポンサードリンク

2017年09月23日

介護が必要な人を残して逝く場合 / 行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり

自分の配偶者や障害のある子供が介護が必要な状態でありながら、自分の寿命の方が先に尽きてしまうことを覚悟している方もいると思います。
幸い、元気な子供がいて、彼らが自分の配偶者や障害のある子供の面倒を見てくれるというのであれば、恵まれていると言えるかもしれません。
家族の面倒を見るのに損得勘定などは考慮するべきではないかもしれません。しかし、介護が必要な状態が長く続くようだと、家族も疲弊してしまいます。
子供が自分の人生を犠牲にしながら、親や兄弟の面倒を見るような事態となれば、あなたとしても、やりきれないことでしょう。
やはり、介護施設への入居を検討する事も必要です。そのためには、一定の資産が必要になります。
「自分の遺産はすべて、介護が必要な子供のために使ってくれ」という趣旨の遺言を残したとしても、そのとおりに実行されるとは限りません。
先を見据えた対策を練っておく必要があります。
例えば、不動産を健康な子供と障害のある子供の共有にするというのも一つの方法です。
通常、不動産の相続において、共有状態を作り出すことは望ましいことではないとされていますが、共有にしておけば、健康な子供が障害のある子供を一方的に追い出すことは、できなくなりますから、とりあえずは、障害のある子供の住まいが確保されることになります。
一方で、健康な子供には、障害のある子供の面倒を見てやってほしい。あるいは、介護施設に入れる世話をしてやってほしいと思っているならば、健康な子供に金融資産の大半を相続させて、「この資産は障害のある子供の面倒を見るために使ってほしい」という付言事項を残しておくのも一つの手です。
付言事項には、法的な拘束力はありません。その文言に反して、他の用途に金融資産を流用してしまったとしても、誰も文句は言えないわけです。
でも、責任感のある子供であれば、親の付言事項に背くことはないでしょう。
元気な子供に、負担をかけたくないとか、どうしても信用できない。というのであれば、第三者に遺産を託して、自分の配偶者や障害のある子供の面倒を見るために運用してもらうしかありません。
特定贈与信託もその一つの方法です。
特定贈与信託は、特定障害者――重度の心身障がい者、中軽度の知的障がい者、障害等級2級、3級の精神障がい者等――の生活の安定を図ることを目的に、その親族等が金銭等の財産を信託銀行等に信託するものです。
信託銀行等は、信託された財産を管理・運用し、特定障害者の生活費や医療費のために、定期的に金銭を交付します。
第三者である信託銀行等が財産を管理・運用するわけですから、他の用途に流用される心配はありません。
また、特定贈与信託を利用すると、税金面でも有利になります。
具体的には、
特別障害者――重度の心身障がい者――の方については6,000万円
特別障害者以外の特定障害者――中軽度の知的障がい者および障害等級2級または3級の精神障がい者等――の方については3,000万円
を限度として贈与税が非課税となります。
介護の問題は、一筋縄ではいきません。一人で悩まずに、介護問題に詳しい人に相談して、早く身軽になりましょう。


●実録行政書士開業十年シリーズ
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり



バイト補助者からの成り上がり 実録行政書士開業十年
平成十五年の行政書士試験合格後、大学卒業と共に行政書士補助者となるも二か月で失業。
人生で最もどん底の時期を生き抜き、人脈、資金、営業経験ゼロの状態から弁護士と行政書士の合同事務所を設立し、現在、十周年を過ぎた行政書士の開業初期の実体験を記した手記。



食える行政書士になりたければネットも営業もやめよう 実録行政書士開業十年2
知名度、人脈、資金ゼロ、ホームページもSNSも持たず、営業も一切やらずに、毎年一千万以上の売り上げを達成し続け、開業十周年を迎えた行政書士の戦略とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方1 実録行政書士開業十年3
行政書士だけでは食えない今の時代を生き抜くためのヒントは孫子の兵法にあり!
金、経験、人脈なしの最悪の状況から一千万以上稼ぐに至った行政書士だけが知っている孫子の極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方2 実録行政書士開業十年4
低価格を提示するのは、自分がバカだと世間に公示しているようなもの!孫子の兵法の経営戦略を忠実に実行すれば、行政書士で年間一千万以上稼ぐのは当たり前!金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士がどん底で掴んだ極意とは?



食える行政書士だけが知っている孫子の兵法の読み方3 実録行政書士開業十年5
行政書士は食えない、役立たない資格。だからこそ、食えるのだ――。金、経験、人脈なしの最悪の状況で開業した行政書士が、孫子の兵法によって悟りを開き、たどり着いた境地とは?



posted by 大滝七夕 at 19:32| 実務のヒント
スポンサードリンク